カテゴリー「驚いたっ!話」の72件の記事

2012年9月12日 (水曜日)

■路地裏に「こんなものがあるなんて」??

まだまだ暑い日が続いてますね~

夜は、大分涼しくなり、過ごしやすくなったとはいえ、
日中はまだまだ暑く、日中にウォーキングは、
とてもできません、紫外線も強いし。

そこで、今はまだ、日中をさけて
夕方~夜にウォーキングに出かけるのですが、
すると、今度は、暗くなるのが早くなったと実感します。



夏が終わると、急に、
日が暮れるのが早くなる…
夏の暑さがやわらぐのは嬉しいけれど、
夕方すぐに暗くなるのは、やや寂しいな、
そんな複雑な思いを持ちつつ歩いています。




さて、今日は、そんなやや暗くなってきた
夕方に見つけて、




「おやっ、
 不思議なものがあるね、
 ふむ…」





などと、側によってまじまじとみて、
しまったもの紹介です。
あるんですね、こんなものが、
さりげなくというか、突然というか…




それは、こんな路地裏で見つけました。
やや奥まったところでした。









「あれっ?
 今、なにかあったね、
 なんか、あったよね?」




と、ふと目に飛び込んできた
一瞬の光景をフラッシュバックさせ、
立ち止まりました。




「まさか、あれ?」




と、驚くようなものだったので、
「まさかね」と思いつつ、
路地に入っていくと…




やっぱりあれ、でした。
ほら、これ。









そう、イタリアローマにある、
「真実の口」のようなもの…

「手を口に入れると、
 偽りの心がある者は、
 手を抜く時にその手首を切り落とされる、
 手を噛み切られる、
 或いは手が抜けなくなる」

という伝説のある真実の口。
ローマの休日にも出てきましたよね。





それを模倣したものが、
こんな路地奥に置かれていたのです。
しかも、かなり目立つように…




なぜ?ここに?




もちろん、わかりません。
全然、わかりませんっ。
そこで、状況確認をしてみたら、
こんなお宅の前。









そこで、こう勝手に
推理しました。




以前、ここで、
隠れ家的なレストランでも
開いていたのではないか。
もちろん、イタリアン。
でも、残念ながら、
ダメだった…そして、
このオブジェだけが残った…





そう推理しつつ、口の中を覗いたら、
後ろの壁が見えました。(って当然か)
なので、このものの口に手を入れても大丈夫!
って、このもの自体が、偽りのものだけど。
あ、もちろん、入れてきませんでしたよ~
他のお宅の敷地内だし。



私は、まだ本物を見たことがないので、
いつか、見てみたいと思っています。
路地のものでなく、本物をねっ。




ただ、私などの年代は、この「真実の口」を
知ってるから、いいですが、
それを知らない子どもたちにとっては、
やや怖いもののように見えるのではないかと
思いました、しかも、こんな路地奥では。
どうなんでしょうね。

ということで、路地にはいろいろなものが
まだまだあると思ったのでした。
やめられませんね、路地裏探索は(笑)


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「8月の人気ベスト5」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年4月18日 (水曜日)

■貼り紙に書かれていた意外な内容

《お知らせ》

先日のアンケートにお答えいただいた方の中から、
10名様に、本プレゼントのお知らせメールをいたしました。
ご確認いただけますと助かります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
このたびは、アンケートにご協力、
本当にありがとうございました<(_ _)>


昨日からの続きになります。

写真を確認していて、
貼り紙の存在に気がついたので、
どうしても…気になり、
しかも、夜どうなっているかも気になり…
ついに、行ってみることにしたのです。
今度は、自転車で、夜にね。



しかし、夜なので迷いました。
なにしろ、この辺りは、
似たような路地が多いのです。

しかも、日中は、まったく道のことなど、
気にせず歩いているので、いざ、その道を
探そうとすると、かなり大変なのです。




いつも、気の向くまま歩いているし、
まだ、この辺りの道には不慣れだし、
ちゃんと、道順を覚えてなかったし…



でも、なんとしても、
探すぞ、と張り切り、
自転車で、あっち行ったり
こっち戻ったりしました。





そして、
ついに、ついに、
見つけたのです。
あの路地を。





「あったぁ!
 ここだ、ここだ、
 そっか、ここかぁ…」





などと、本当は全くどの辺りなのか、
わかってもいないのに、嬉しくて、
一人でうんうんと頷いたりしました。




さっ、
どうなっているかな? 
時間は、午後7時20分
どれどれ?





と、あの絵画宅に近づくと、
こんなでした。









そうです、夜は、絵画は、
外されていませんでした。
そのまま。





この日は、雨が降っていなかったけど、
雨の日はどうなのか、気になります。
これはまた、今度確認ね。
ともかく、夜は、そのまま。
盗まれることなども気にしないらしい。




さて、そうそう、
あの貼り紙ですよ、
貼り紙。
今日の目的は、
貼り紙!





このお宅の玄関口の側に張られていたので、
玄関口に近づくと、真っ暗で、
電気はついておらず、
誰もいないという感じでした。
暗い中で、貼り紙の存在を確認し、
写真を撮りました。




家に戻り、
写真を確認してみると、
その貼り紙には、
私が期待したようなことは、
全く書いておらず…
そんなことより、
意外なことが
書かれていたのです。
ほら、こちら。











うーん…
そうだったのかあ。
うーん…





この貼り紙で、このお宅の方のことが
少しわかったのでした。
おそらく一人暮らし、
少なくても、日中は一人なのでしょうね。
しかも、耳がお悪いのですね。



そして、このことがわかった瞬間、
「変わったお宅だな~」
と思っていたのに、いきなり、
一人でいろんなことを、
やっておられるんだ、と、
見方が変わったのでした。

(単純です)



もちろん、安全面については、
大いに問題あると思いますが、そして、
周りの方々には迷惑かもしれませんが、
こうして、せいいっぱい自己表示をして、
できることをしているのだと、
なんだか感心したのでした。



ただ、せっかくなのだから、
絵のことについても、
何か書いておいてほしいものだと、
ひそかに思ったのでした。




ということで、貼り紙を見てから、
私のこのお宅に対する印象はがらりと変わり、
これからも、このお宅を見続けようと、
決めたのでした。

これから、何か変化があったら、
それと、雨の日がどうなっているかのが
わかったら、また報告しますね。


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~


  ◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」


 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」


 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」


     ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「3月の人気ベスト5」


| | コメント (2)
|

2012年4月17日 (火曜日)

■このお宅は、疑問だらけ、こんなこともありなんだね~

さて、昨日からの続きで、
考えてしまったお宅の話です。

このお宅に飾ってある絵や写真などを、



「絵は、丁寧に書いてあるね、
 バラと椿だね、
 花が好きなんだね」




と、しげしげと見ていると、
ふと、



「あらら~これまた、
 スゴイね、でも、
 かなり不安定じゃない?」




なんて、思うようなことにも
気がついたのです。




だってね、上見ると、
こんな状態でしたもん。









もっとアップにするとこんな。









屋根のふちは、
曲がったりしているし、
屋根の上には、即席?の
屋上がつくられ、そこに、
いかにも手作りの
温室のようなものが
いくつも作って
あったのです。





私が見る限り、強い風でも吹いたら、
すぐに飛ばされてしまいそうな感じでした。
ビニールテープで留めてあったり、
ひもで留めてあったりで。
人ごとながら、そして余計なことながら、



「大丈夫なんだろうか、
 強い風の日、ね?」




などと、思ったのでした。
でも…先日も強い風の日があったけど、
こうしてあるのだから、意外に
しっかりとくくられているのかもしれません。
屋上には、手作り温室があるのでした。



「屋根屋上で、野菜でも
 つくっているのかしら?」




そんなことを考えつつ、この日は、
家に帰ってきました。




ところが、
家に帰ってきて、
写真を整理していたら、
さらに、
こんなことにも気が
ついたのです。









「おやっ、こんなところに、
 何か貼り紙があったね。
 これに、何が
 書かれているんだろう?
 もしかしら、絵のことなども、
 書かれているかも…
 しまった!
 ちゃんと見てくるんだった」




絵や屋上が気になったので、
この貼り紙まで、気がつかないで
帰ってきたのでした。



そう気がつくと、
とても気になってきて、
何だろう、
何が書かれていたんだろう?
それに、夜はどうなって
いるのかしらね?
絵はしまうのかな?





と、どうしても
確かめずにはおれない
気持ちになってきて、
ついに、次の日の夜、
このお宅に
また行ってみたのです。





すると…とてもとても
意外なことがわかったのでした。
この続きは、また明日書きますね。


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「3月の人気ベスト5」

| | コメント (1)
|

2012年4月16日 (月曜日)

■あれこれと余計なことを考えてしまうお宅

さて、今日からまた、街角の話になります。
街角には、やっぱりいろいろ不思議がありますね~
まだまだ知らないことばかりだな、なんて思うことも。
それだから、街角探索はやめられないのですが、
今日は、そんな街角で、



「ふ…む、
 これは、いったい、
 どういうことなんだろう?
 売り物かな?
 自己表示かな?
 でもさ、雨が降ったら、
 どうするんだろう?」




などと、余計なことをあれこれと、
考えざるを得なかったお宅紹介です。

いつものように万歩計を装着し、
少しばかりの小銭とカメラ持ち、
元気に家を出て、春のあたたかさを
感じつつ、まだまだ不慣れなこの辺りを、
きょろきょろしつつ歩いていました。

この日は、あたたかくのどかで、
八重桜も今まさに咲こうとしていて、
ほら、









「わぁ~日本の春って、
 美しいなぁ…いいなぁ…
 八重桜かわいいなぁ…」





などと、しみじみ実感できる路地を
見つけたりしてました。



路地は、
やっぱり楽しい!




なんて思いつつね。
そんな路地にどんどん入っていくと…




ん?
あれは、何?
と、目が釘付けになる
お宅を発見したのです。









えっ、なになに?
と、どんとん近づくと…
こんな感じ。








えっとさ、あれって
絵?だよね、
えっと、絵画だよね?





思わず独り言を言いつつ、
近づいてみると…



絵でした。
ほら。










しかも、ちゃんと本物の
書かれてある油絵。
きれいな額縁に入ってて。
下の方は、写真。




うーん、このお宅は、
いったい、何だろう?




などと、疑問に思いつつ、
このお宅をぐるりとしてみると、
玄関部分にも、2階部分にも、
絵や写真が飾ってあるのでした。









道端展示?
お宅展示?





このお宅は、
画家さんのお宅なのかなぁ?
この絵は、売り物かなぁ?
夜はしまうのかなぁ?
雨が降ったら、
どうするんだろうなぁ、
全部しまうのだろうか。
風が吹いたら、あぶないね。




などと、ついつい余計なことを
考えてしまうのでした。



しかも、このお宅には、
絵が飾ってあるだけでなく、
まだまだ、さらなる
「え、大丈夫?」
もあったのです。




この続きは、また明日書きますね。

| | コメント (2)
|

2011年9月15日 (木曜日)

■驚いたお祭りの話…その3.境内に入ったね~でも…

《お知らせ》

せっかくきていただいたのに、すいません、
16日(金)~20日(火)まで、諸事情があり、
お休みさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


昨日からの続きになります。


私は、本当に、この小さな狭い神社の境内に
あの、100メートル以上もある御神輿隊が
入りきるのかどうか、相当気になり、
最後まで見届けることにしました。




どれどれ、
いったいどんなふうに
入れ込むのかな。





わくわくと待っていると、
ついに、神社の入り口に
御神輿隊の先頭がやってきて、
参道を、わっしょいわっしょいと通り、
すいすいと入ってきた。



うんうん、最初は、
スムーズに入るよね。
空なんだからね。
問題は半分過ぎてからだね。




と、独り言をいいつつ見ていると…
そのうち、どんどん御神輿隊が
入ってきて、関係者ではなく、
ただのやじうまの私などは、
はっぴを着た元気な人たちに、




「危ないから、
 境内から出てっ出てっ」





と、ついにはじかれて、
境内の外へ追い出されてしまったのです。
御神輿は、担ぎ手が多いので自由がきかず、
ぶつかりそうになったりするから。

残念!
でも、仕方ないね、
人がうんと多くなってきたし、
確かに、殺気だってきたしね。

境内から追い出され、
出店の後ろの方におしやられ、
それでも、必死で見ていると、
ついに、御神輿隊は、
なかなか境内に進めず、
止まったままになってしまった。



止まった!
入らなくなってきたね、
まだ、半分くらいなのに、
どうするんだろう、ね。




などと、興味津々とみていると、
また、御神輿隊が動き出した。
今度は、すいすいではなく、
境内にある木にぶつかりそうなったり、
人をかき分けたり、
必死で入っていく感じだった。








どうやら、境内の中で、
ぎゅぎゅとつめてつめているらしい。
なにやら、マイクの声がして、
整理をしているようでした。



すると、間もなく、
少し隙間ができたのか、
またまた入り始めた。
そして、そんなことを、
何度か繰り返すと…





最後まで、
入っちゃいました!
ほら、こんな












私は、あぶないからと端の方に追いやられたので、
前の方は見えなかったけど、前の方はかなりにぎやかで、
身動きできないほどの人がつまっていました。

後ろの方は、やや余裕がありましたが、
境内からあふれ出た人で、参道はあふれていたし、
境内から続いている小さな路地にも
入りきれない人たちであふれていました。










でもともかく、
御神輿隊、全部はいっちゃったね、
何事もなく、思ったよりすんなり、
びっくりだね。





と、一安心したのでした。
そのうち、なにやら、話が始まり、
(境内の外に追い出されたので、
 話までは聞こえなかった)
まもなく手打ち式のようなことをして、
今度は、出て行くことになった。

また、大騒ぎになるかな、と
出て行くとところを見ていると、
入ってきたときよりも静かに、
といっても、指示は飛び交ってましたが、
みな笑顔で御神輿を担ぎ、
順々に出て行きました。








帰りは、参道ではなく、
神社から続く路地からね。








ついに最後まで、見届け、
よかった、よかったと思ったのですが、
実は、どうしても、私には、
あの100メートル以上もある列が、
全部が入ったとは思えなくて…




そこで、自宅に戻ってから、
神社の方に確認してみることにした。
すると、




「最終的に御神輿は6御輿
 (どうやら最初に聞いた方が
  まちがえていたようです)
 は、もちろん、全部入りましたが、
 太鼓をならす山車や子ども御輿は
 今回は、はいってません。
 天祖祭りは、地域の方々の
 健康や幸福を祈願する神社なので、
 参加者が多いですね」






と教えてくれました。
後ろに方についていた方々は、
入ってきてない、ということがわかり、
だったら、あの列の2/3くらいだったのかも…
などと想像しました。
それでも、すごい、けど…
そんなわけで、いろいろと学んだのでした。


さて、ここまで御神輿祭りについて書きましたが、
この辺りでは、まったく違うお祭りもされていたのです。
これまた、私にとっては新鮮でした。

このお祭りについては、今度書きますね。
大いに参加してきちゃったんですよ~


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~


  ◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」


 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」


 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」


     ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「8月の人気ベスト5」


| | コメント (0)
|

2011年9月14日 (水曜日)

■驚いたお祭りの話…その2.この狭い境内に入るのかな

昨日からの続きになります。

私は、この辺りのお祭りの御神輿のにぎわいを見て、
やっぱりすごいなぁと思い、その元となる神社は、
どんなところだろうと、先回りして
行ってみることにしたのです。



行ってみると、こんな入り口。








もっと大きな神社を想像していたので、
拍子抜けしながら、中に入ってみると、
出店もあるけど、数店で、参道も狭く短い…









こんなに小さい神社なんだ、
意外だね、でも、
境内は大きいのかもね。




と、思いつつ、さらに先に進むと、
境内がありました。
私は、思わず、




「えーーっ、ここ?
 大丈夫なの?
 この場所に、
 さっきの御神輿隊入るのぉ?
 狭くない?」





と、思っちゃったのですね。
こんな感じで、
この写真に見える範囲くらいだったから。








だってね、私が先に見てきた、
御神輿隊は、
こんな長い列だったんですよ。
100メートルくらい列は続いていたし、
どう見ても、1000人以上はいたし…













この御神輿隊が
全部入るなんて、
とても考えられない…





そう思ったので、この神社で、
御神輿隊を待っている責任者らしき方に、
声をかけて、こう聞いてみたのです。



「あの~、
 この神社に、あの御神輿隊
 全部入るんですか?」




すると、この責任者らしきおじさんは、
はっきりとこう言うのです。




「入りますよ」
「でも、あの御神輿隊は、
 100メートル近くも
 ありましたよ。
 すごい人でしたけど…」
「入ります。
 というより、
 入れるんです、ここに」





ということで、あのすごい列と
御神輿がこの狭い神社境内に入る、
いえ、入れると言うのです。



ひぇ~、入れるんだここに。
入るんだろうか…
こっ、これは、
確認して見ねばなるまいね。





そう思ったので時間を聞いてみると、



「何時頃になるのですか?」
「今のところ、2時半ころには、
 全部が入る予定だよ」





私がこのことを確認した時刻は、
1時30分頃だったので、
あと、1時間くらいで入るとわかった。

そこで、この辺りをぐるぐると周り、
少し時間つぶしてからまた戻ってくると、
いよいよ、御神輿隊が、
この神社に入るための小道に
しずしずと入ってきた。









おっ、きたきた!




と、この御神輿隊の様子を
じっと観察し、本当に、
あの狭い神社に入るかどうか、
見てみることにしたのです。




すると…
驚くべきことに、
入っちゃうんですね~
というより、
入れちゃうんですね~




この様子は、明日また書きますね。


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「8月の人気ベスト5」

| | コメント (0)
|

2011年9月13日 (火曜日)

■驚いたお祭りの話…その1

まだまだ残暑が厳しいですが、
このごろは巣鴨だけでなく、近所の地区の
駒込、板橋、王子などまで、ウォーキングしたり、
自転車で走り回り、地理を覚えたりしています。



そしたらねっ、
うっ、嬉しいことに、
私の大好きな路地が
山のようにあることが
わかりました。

その路地は、
緑でいっぱいだったり、
ややあやしさが醸し出されていたり、
なぞな家があったり、
ものすご~く、魅力的で、
わくわくしています(笑)




それに、商店街も多く、
その商店街がとても楽しそうなのです。
お総菜屋さんもいろいろあるし、
もちろん、え、この店は何?
なんてお店もあるしで、
これから涼しくなったら、
がしがし歩いて探検するぞ、
と、張り切っています。




さて、今日はそんな近所でみつけて、
驚いたお祭りのお話です。





このあたりでは、以前住んでいた新宿区に比べて、
お祭りが多く、そのお祭りの規模が大きく、
華やかな感じがします。

夏の盆踊り大会も、とてもにぎやかで、
町内会全体で、夏祭りを盛り上げている、
そんな感じがします。
ほら、こんな感じで、大きな舞台もあり、
太鼓や歌も本物で、多くの人が踊っており、
屋台もたくさん出ていて楽しそうでした。













今まで、地域の盆踊り大会には、
出かけたことがなかったのですが、
巣鴨に来てからは、あまりのにぎやかさに、




「なになに?
 どんなどんな?
 それっっ」





なんて、かけだして、
ついつい見にいってしまう…
そんなことが続いています。



そんなこの辺りのお祭りで、
先日、驚いたお祭りに出会いました。
旗を立てた先頭の後には、
御神輿隊が続いていました。













「うわぁ~
 たくさんの人だね~
 立派な御神輿行列だ」





と、思い、
先頭でこの御神輿隊を取り仕切っていた
おじさんに声をかけてこう聞いてみました。



「御神輿が多いし、
 たくさんの担ぎ手がいるけど、
 これは何のお祭りですか?」




すると、おじさんは、



「この近所にある天祖神社のお祭りで、
 今日は、この近所にある13の神社の
 御神輿が集まっているんだよ。
 ただ、このごろは全部は集まらず、
 今年は、7つだね」

「これから、どこへ向かうんですか?」
「そこの角を曲がると、天祖神社があって、
 そこに向かっているんだよ」




と、教えてくれました。
こんなお祭りで、結構大きなお祭りでした。









そこで、私は、天祖神社に先回りして、
どんな神社か見に行ったのですが、
そこで、




「えっーー
 こんなところで、
 大丈夫なの?」





と、思ってしまったのです。
続きは、明日書きますね。


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「8月の人気ベスト5」

| | コメント (0)
|

2011年5月19日 (木曜日)

◆びっくりなお屋敷…何かいるね

《お知らせ》

明日20日は、お休みさせていただきます。
どぞ、よろしくお願いします。<(_ _)>




今日は、びっくりしたお宅の話です。
それは、姉宅がある埼玉県の小さな街にありました。




それはこんな具合だった。
義理の兄が、車を止めると、
私にこう声をかけた。



「あの家の窓、
 のぞいてごらん」
「え、どの家?」
「あの家だよ」




このお宅。
2階建ての大きな家の窓のこと。








「なになに?」



と、近づいてみると、
窓の外から、何か動くものが見えた。








「あ、何かいるね~」



と、興味津々でもっと近づくと、
なんと、こんな風景が見えた。








「うわぁ~
 ねこ屋敷だ~
 いっぱいいるね、いるね」

 



そう、
8畳くらいの部屋に、
ねこたちがいっぱい
いたのだ。





「何匹くらいいるのかしら?
 今、見えるねこだけでも、
 10匹はいるね」
「あ、ほら、またでてきたよ。
 奥のほうにもいるね~
 何匹いるか、わからないね」




幸せそうに、固まって寝ている
ねこたちもいた。








地べたで横になっているねこもいた。
本当に、ここには何匹くらいねこが
いるのかわからなかった。








「このお宅はなんなの?」
「わからないけど、
 うんとねこ好きなお宅なんだね。
 この道を通ると必ず見ていくんだよ」




都心では、ねこさんたちは、
公園にたくさんいるけれど、
こんなふうにたくさん、
部屋の中で飼われているのは、
見たことがない。




やっぱり、
大きな広い土地と
部屋があると、
こうしてお家で、
飼うことができるんだね…





そんなことを思いながら、
ふと、この部屋のとなりの庭先をみたら…
なんと、その庭にもいたのだった。








しかも、確認できるだけでも3匹はいた。
このねこ屋敷には、いったい何匹の
ねこが飼われているだろう。
庭には、網も張られていて、
ちゃんと管理されているのだった。

本当にねこ好きな方が飼っているんだね。
しかも、ねこたちは、安心しきって、
穏やかで、幸せそうな顔をしていた。




ここは、安心なんだね。
よかったね、
いい飼い主さんに出会えて。





そうしみじみ思ったのだった。
そして、こうも思った。



ここのねこたちには、
全部名前ついているのかなぁ…
もしついているとしたら、
どんな名前かなぁ…




なんてね。
これからも仲良くね、またね、
と声をかけて帰ってきたのでした。
■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「4月の人気ベスト5」

| | コメント (2)
|

2011年2月 9日 (水曜日)

■道ばた夏みかんを、もぎ採りに行く

昨日からの続きになります。


なんとか1個でも手に入れたい、
そしてなんとしても味見をしなくちゃ、と
やや怪しげにきょろきょろとしながら
道ばたの夏みかんを探していると…




「あっ、あった、あった!
 あれなら、採れそうだ。
 しかも、
 誰のものでもなさそうだぞ」





という手頃な木を見つけた。
まさに道ばた(歩道)にあり、
夏みかんがいっぱいなっていた。
その前に家もなく、誰のうちの夏みかんと
いうのでなさそうだった。
あえていうなら、都のものなのかなぁ…

しかも、私が精一杯手を伸せば届く範囲に、
立派な夏みかんが一つ二つあったのだ。








そこで、いよいよ手を伸して、
その夏みかんをもぎ採ろうとしたら…



人通りが…
多いんですね~
次から次へと人が通るので、
なかなか思い切ってもぎ採ることが
できないのだった。




先日の男女のように、
堂々と採れればいいのだけど、
私は高枝切りバサミも持ってないし…
なんとなく…こう後ろめたいのと、
恥ずかしい気持ちがあるのだった。

しばらく人通りがなくなるのを待ち、
タイミングをみはからっていると、
ついに、そのタイミングがやってきた。
そのタイミングを逃さず、
狙っていた夏みかんを、




えいっ!




と、もぎ採ろうとした。
しかし、採れない。
意外に夏みかんは、木にしっかりと
ついていたのだった。



げっ…
採れないよ~
はっ、早く採らねば…
また人が来る…




焦る気持ちが抑えながら、
今度は遠慮なく、力一杯ぐりんと
枝をひねってぐいっと引っ張った。




すると、
ボソッと音がして、
採れました~
立派な夏みかん!
よかったあ~





その夏みかんを大急ぎでしまいこみ、
この場をさっと立ち去ることにした。

幸い、数人しかいなかったし、
そんな私の怪しい行動を
じろじろと見ている人もいなかった。



やれやれ…
よかった、よかった…
無事に夏みかんをゲットしたね。




と、満足して帰ってきたのだった。
帰ってきてから、その夏みかんを
リュックから取りだしみてみると、
直径が9センチほどのやや小ぶりながら、
きれいな夏みかんだった。
ほらね。









ふっふ…
いよいよ食べられるね、
すばらしくおいしいかな?
どんなすばらしくいい味かな?





ついに食べてみることにした。
そこで、皮にナイフで切り込みをいれると、
ぷう~んといい香りがした。
これは、期待できそだね~

ということで、ついに食べてみたのでした。
その味がどうだったか、また明日書きますね。
その後、また違う展開もあったしね。


■「ぼちぼち日記は」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

 ◎毎日、天使(妖精)からのメッセージも紹介しています。↓
   「今日のオラクルカード」
◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「1月の人気ベスト5」

| | コメント (0)
|

2011年2月 8日 (火曜日)

■道ばた夏みかんの「味は」?驚きでした~

昨日からの続きになります。



私は、街路樹として育っていた夏みかんを
収穫している男性に、この夏みかんが
おいしいかどうか、聞いてみたのだった。



すると、その男性は、
きっぱりと、こう答えたのだ。





「すばらしくいい味なんですよ。
 とてもおいしいですよ」





私は、びっくりした。
こんなふうに道ばたに好きになってる
(と思われるような)この夏みかんが
「すばらしくいい味」だなんて。
あまりに驚いたので、再び確認してしまった。




「えっ?すばらしく
 いい味なんですか?」
「ええ、すばらしくいい味なんです。
 すばらしくおいしいですよ。
 ジュースにすると最高ですよ」





男性は、またきっぱりと
答え、ニッコリとしたのだった。

この道端の夏みかんは、
「す、ば、ら、し、く、おいしい」のだ。
ジュースにすると最高なのだ。
知らなかった…




道端夏みかん…
あなどっちゃいかんね。





私は、ずっと勝手にこう思い込んでいた。
とてもすっぱくて、食べられたものではなくて、
だから、道端にあっても誰もムキになって、
取ったりしないのだろうな。
粒も小さくて、食べづらいにちがいない、と。




でも、それは完全に違った。
すばらしくいい味で、
すばらしくおいしいらしいのだ…
うーん、まいったね…

そう知ると、この男女二人がせっせと
収穫しているのも、なるほどと思えてきた。
そして、おいしいジュースにして売るのかも知れない。
だって、山のように収穫していたからね。
「東京夏みかんジュース。
 一度飲んだらやめられない」
とかなんとか、のね、などと思えてきた。

そんなことを瞬時に思いつつも、
そんなことを悟られないように男性に、
「教えていただき、ありがとうございます」を言って、
この場を離れることにした。
一つでもくれないかなと、ちょっと期待しつつ。
でも、もちろん、くれるそぶりはなかった。



そんなわけで、私の頭の中では、
「すばらしくいい味。
 すばらしくおいしい」
という男性の言葉ががんがん鳴り響き、
「そっか、おいしいのか…
 しかもすばらしくだって!」
などと、夏みかんの味が
ぐるぐると渦巻いていた。




ものすごく気になった。
そして、ついにこう決めた。




こっ、これは、
食べてみねば…
食べて確かめてみないと、
なんとしても!





そう決めてからは、続きのウォーキング中、
どこかに夏みかんの木がないか、それも、
人知れずに採れそうな木がないか、
きょろきょろと探しながら歩いた。

しかし…
探して歩くときには見つからないもので、
なかなか見つからなかった。
すると、今度は一転してこう思えてきた。



みんな、採っちゃったんだ、
すばらしくおいしいから…
悔しいな~
食べてみたいのに…




そう思ったら、ますます食べてみたくなった。
しかし、この日は見つからなかったので、
すごすごと諦めて帰ってきた。



そして、次の日。
なんとしても見つけようと張りきって出発した。
その途中で、昨日の夏みかんの木のところに
また行ってみた。
もしかしたら、少しは残っているかも、
と思いながら。




でも、夏みかんは、ほとんど採られて、
高枝切りバサミでもとれなかったと思われる、
うんと上の方に取り残しが、ほんのいくつか、
あっただけになっていた。








「これじゃ、採れないね。
 無理だね、がっくり」




とがっくりきて、また、夏みかんを求めて、
きょろきょろしながら歩き始めた。



しばらく探しながら歩いていると、
ついに、ついに、
手頃で、しかも所有権が誰にあるか、
全然わからないようなところにある
夏みかんの木をついに見つけたのだ。




うひっ、嬉しいな~
ふふ、一つ採っちゃお、
ふふ、どんな味かなぁ~
と思ったけど、そううまくは
いかないのだった。

この続きはまた明日書きますね。


■「ぼちぼち日記は」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

 ◎毎日、天使(妖精)からのメッセージも紹介しています。↓
   「今日のオラクルカード」
◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「1月の人気ベスト5」

| | コメント (4)
|

より以前の記事一覧