カテゴリー「小さな出来事いっぱい」の101件の記事

2012年2月21日 (火曜日)

■この辺りで勃発している糞害…確かにこりゃひどい

《男女の違いについて、ぜひ教えてください》

4月から、メールマガジン(有料)発刊するにあたり、
みなさまのご意見、本音など教えていただけますと助かります。
6つの質問からの簡単なアンケートになっております。
力を貸していただけますと嬉しいです。
教えていただいた方の中から抽選で10名様に、
読んでみたい本を(お選びいただけます)お送りいたします。

■アンケートは→「男女の違い、感じることありますか?」
■詳細は→
「こちらから」


お手数ですが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>


昨日からの続きになります。

おばさんは、目が合うと、
私にこう話かけてきました。
まだ、ぷんぷんしている様子で。



「ね、鳩、ホントに困るのよ。
 いいわよ、この辺りに住んでない人はね。
 あなた、この辺りの人?」
「はい、そうです」
「ね、困ってない?鳩で」
「今のところは大丈夫です」




すると、おばさんは、
本当に困った顔になり、
こう言うのです。



「うちはね、ベランダにきてね、
 そこに巣なんかつくられちゃって、
 ベランダに鳩よけの網をはったの。
 お金かけてね。
 でないとやられちゃうの、フンよフン
 ひどかったんだから」




大きく頷いて聞いていると、
さらにこう言うのです。



「うちの裏に有料の駐車場があるの。
 でもね、鳩が来てね、
 それで、その駐車場には車が
 止めれないの。
 だって、鳩が車にフンをするから。
 本当にひどいのよ、
 まったくえさをまく人がいるから…
 困るわぁ~」
「ああ、それは大変ですね。
 そんなにひどいのですか?」

「あなた、行ってみて。
 わかるから。
 本当にひどいわよ、
 フン害よ、フン害」
「鳩対策しないとダメですね」


「それが、ダメなのよ。
 追い払ってもまたくるの。
 だって、えさをあげる人が、
 いるんだもの…
 どうしたらいいのかしらね~
 鳩のフンは、健康にもよくないのよ、
 アレルギーを起こしたりするの。
 本当に困るわ、ねえ」

「そうですね、困りますね。
 どう対策したらいいのでしょうね」
「今度、見つけたら、
 ホント、警察に通報するわ」




おばさんは、そう息巻いて、
決意を固めたようでした。
その後、さらに鳩害の話をして、
このおばさんと別れました。




別れた後。
どうしても気になったので、
教えてもらった駐車場に
行ってみたのです。
すると…
本当にひどかったです。





確かに道路には、こんなふうに、
麦らしきものがまかれていました。








そして、こんなにたくさんの
鳩もいました。









そして、そして、
おばさんの言うとおり、
たくさんのフンがありました。
ほらね。









「うーん、確かにこれじゃ、
 この駐車場に止めたら、
 鳩にフンされちゃうわ~
 こりゃ、ひどい!
 これはなんとかしないとだわね」




と、おばさんの強い怒りがわかったのでした。
以前、中野でカラスにえさをあげる人がいて、
住民が困っているという話をTVでみましたが、
街中では、こんなふうに困ったことになるのだと、
実感しました。

鳩や鳥を大切にしたい方もいるでしょうが、
街中でのえさやりは、困っている人がいるのですから、
まずいのではないかと思いました。


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「1月の人気ベスト5」

《お知らせ》
本サイト「ことば探し」で、

| | コメント (2)
|

2012年2月20日 (月曜日)

■この辺りで勃発している公害問題があるらしい…

《男女の違いについてのアンケートのお願い》

ぜひ、アンケートにご協力お願いいたします。
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で10名様に、
読んでみたい本一冊をお送りいたします。

■詳細は→「こちらから」
■アンケートは→「男女の違い、感じることありますか?」


どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


まだまだ寒い日が続いております。
風邪やインフルエンザがはやっているようなので、
体調管理は、していきましょう。

さて、今日は、この辺りで、勃発しているらしい
こんな問題についてのお話です。
先日、こんな場面に遭遇したのです。



おばさん、おじさんに向かって、
こう言っている。

「ね、困るのよね、
 この辺りで、えさあげちゃ」

おじさん

「……
 ……」

おばさん、いらいらして
相当怒っている。

「いつもあげているけど、
 この辺りではやめてほしいの。
 あのね、公害よ、
 本当に困っているの。
 わかる?
 今度は、警察に言うからね」

おじさん

 頷いて、何も語らず去る




と、こんな場面だったのです。
私は、うんとさりげなさをよそおいながら、
(全然さりげなくなかったと思うけど)
耳はばっちりダンボにして、
二人の会話を聞いてました。

この会話を聞いたとき、最初は、
ネコかな、と思ったけど違いました。



それは、こちらのことでした。









そう、鳩。
この辺りには、お寺、神社も多いし、
巣鴨地蔵通り商店街に来る
観光客の方々は、えさをあげたり、
こぼしたりするので、年々、
鳩が多くなっているらしいのです。





そういえば、あちこちで、
こんな看板を見かけます。








そして、こんなふうに、
困っているらしいのです。








そんなこんなの事情があり、
この二人の会話になったわけですが、



70代くらいのおばさんは、
かなり怒っていて、
60代くらいのおじさんは、
えさが入っているらしい袋を持ち、
(その袋を大慌てで隠しつつ)
あっ、まずい、うるさい人に、
みつかっちゃったと
思っているかのように、
首をすくめて、黙っていたのです。




おじさんが、何かを言い返したら、
大騒ぎになるな、と思っていたら、
おじさんは、何も言わずに、
立ち去ったのでした。
おばさんは、そのおじさんの後ろ姿に、



「もう、えさあげないでっ。
 今度見かけたら、
 警察呼ぶからねっ」




と、叫んでました。
おじさんが、去ってから、
おばさんは、ふぅとため息をつき、



「ホントに、
 人の迷惑考えないんだから、
 ホント、困っちゃうわ」




と、ぶつぶつ言っていました。
そして、さりげなさをよそおってはいましたが、
側に立ち止まっていた私を見つけて、
(私も、ついおばさんを見てしまったからですが)
おばさんは、私に話しかけてきたのです。
ちょっとイライラしている口調で。

そして、私は、
鳩の問題を知ることになったのでした。
それは、たしかにひどそうでした。
この続きは、明日書きますね。


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「1月の人気ベスト5」

| | コメント (2)
|

2010年2月22日 (月曜日)

■車横転…これはどんな事故なんだろう?

今日は、事故のお話です。
先日、いつものようにウォーキングをしていて、
前の方が騒がしいことに気がついた。








「おっ、何かあったね。
 なんだ、なんだ?
 消防自動車もいるから、
 火事かな?」




なんて、思い、大急ぎで、
この現場に向った。

現場は、多くのやじうまや、
消防隊員、警察官などがいて、
何か大変なことが起こったのだと
近づくにつれわかってきた。









さらに先に進むと、
ついにこんな光景が
飛び込んできた。









「あっ、車が転倒してる!」



車が真横に転倒していたのだ。
ここは、カーブになっていて、
カーブには、ガードレールもあったけど、
それも、こんなふうに倒されていた。








反対側からみると、
こんな状態で、車の頭が
鉄柱にぶつかったことも
わかった。








「カーブを曲がれ切れなかったのかな。
 でも、どんな状況だっただろう?」




この道は割と狭い道なので、
スピードを上げて走るとは思えない。
スピードの出し過ぎによって、
曲がり損ねた、という感じではないように思えた。
でも、ガードレールの折れ方からすると、
かなりの力がかかったようにも見えた。

疑問に思ったので、
私より前からいたやじうまの女性の方に
ちょっと声をかけてみた。


「車に乗っていた方は
 大丈夫だったんでしょうか?」
「私もさっきからなので、
 はっきりはわからないのですけど、
 高齢者の方がご夫婦で乗っていたらしいです。
 ほら、シルバーマークついてるでしょ?」

「カーブを曲がりきれなかったのでしょうか?」
「ええ、周りの方々の話だと、
 ガードレールに激しくぶつかって、
 その勢いで横転したということ
 だったですね」




という状況らしかった。
また、運転されていたのは高齢者の方で
あることもわかった。

その運転していたと思われる人は見あたらず、
近くに救急車も止まっていたから、
そちらで手当を受けているのかもしれなかった。
もしくはもう病院に運ばれているか。

安否について知りたかったので、
そばにいた警察官に聞いてみたが、
警察官の方も、



「さっききたのでわからない」



ということだったのであきらめた。



そして、ウォーキングの帰り道、
もう一度この場所を通ってみた。
すると、こんな感じになっていた。









車はもちろんなくなっており、
男性が、水をまいたりしてキレイにしていた。
私は、どうしても安否が気になったので、
この男性に声をかけた。
隣のガソリンスタンドの方のようだった。



「さっきの事故で、乗っていた方は
 大丈夫だったんですかね?」
「ええ、男性の方は軽傷、
 女性の方が、救急車で運ばれていって、
 その状態はわからないですね。
 でも、歩いていたということだったですよ」

「ああ、じゃ、重傷ってことでは
 なさそうですね」
「ええ、今は、シートベルトや、
 エアバックがありますからね、
 大事にはならなかったようですね」
「それは、幸いでしたね」
「ええ」




乗車されていた方たちは、
命に別状はない、らしかった。
安否もわかったので、男性に、
教えていただいたお礼をいって、
この場を後にした。


無事で、よかったよかった、と、
なんとなくホッとしたのでした。


■「ことば探し」に行く→
「ぼちぼち日記は、「ことば探し」まゆが書いています。
よろしければ「「ことば探し」も見てくださいね~

■おすすめのエンジェル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。

朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。

きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、おすすめのカードです。



■《お願い》
★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/
★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>
こんな感じの紹介になります→「リンク集」

| | コメント (4)
|

2009年8月25日 (火曜日)

■怒鳴る父、うなだれる息子

今日は、ウォーキングの途中でであった、
父と子のお話です。



いつものように、午後遅い時間に、
ウォーキングに出かけた。
もちろん、タオルと水を持ち、
万歩計、サンバイザーを装着し、
カメラをもって元気に。

この日は、天気がとてもよかったし、
風もさわやかだったので、ぐんぐん歩き、
小さな道に入ってみたり、
いつもは通らない道を通ったりしていた。



そして、あまり通ったことのない、
小さな道を曲がろうとしたとき、
その先から、大きな怒鳴り声がした。
私は、はっとして、歩くのをやめ、
おそるおそるその声の方を確かめた。




すると、
その曲がった道の先に、
大きな声で怒っている父親と、
うなだれている息子の
姿があった。





「あ、なんか怒られているね。
 今、出ていくのはまずい感じだね…
 どうしようか…」




と迷いながら、そして、
この2人の関係にも興味があったので、
道を曲がらずに、手前で立ち止まり、
様子をみることにした。

ちょうど私のいる前には小さな公園があり、
その公園のてすりに座れば、怪しくなく、
ちょっと曲がった道の先をのぞくだけで、
この2人の様子を見ることができたのだ。




距離があったので、
この2人の話までは聞こえないが、
父親はこう怒っていた。





「何をしたか、言ってみろ!
 言ってみろ、って言ってんだよ!
 聞こえないのか!!」




しかし、息子はうなだれるばかりで、
何一つも言わないのだった。
息子は、叱られる何かをしたらしい。
父親はいらいらした感じでまた言った。



「言ってみろ、
 言えないことをしたのか? 
 言ってみろ!
 ちゃんと聞くからっ」




すると、ついに、
息子が泣きだした。



「泣いたって駄目だ。
 はっきりと言ってみろ」




そう言われて、どうやら息子も
泣きじゃくりながらも観念し、
自分のやったことを父親に話し始めたらしい。
しばらく、息子の声がぼそぼそと聞こえた。




その話を父親は、
黙って耳を傾けて聞いていた。
息子は、泣きじゃくりつつも、
一生懸命に話していた。





その話が終わったらしいところで、
父親が、息子の背中をぽんぽんとたたいた。
息子は、まだ泣きじゃくっていたが、
大部落ち着いたようだった。



どうやら父親は息子の話を聞き、
怒るのをやめ、
息子を受け入れたようだった。
納得できる話しだったのかもしれない。




そして、父親が息子に何かを言い、
この2人は、道の先へ歩き出した。



やれやれ、
何とかおさまったね、
これで、一段落かな。




と、私も安堵し、この2人の後を、
追うように、また歩き始めた。



実は、このくらいの話なら、
書かなかったかもしれない。
しかし、私は、この後に、
とてもいい光景を見かけたのだった。

そして、
「へぇ……!」
と、感動したのだった。
それが、これ。













2人は、しっかりと
手を握り合って寄り添って、
歩いていた。




よかったね、ちゃんと、
わかってもらえたんだね、
よかったね…
そう思ったのだった。
父と息子のお話でした。


■「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。

Banner2
■「ことば探し」に行く→
「ぼちぼち日記は、「ことば探し」まゆが書いています。
よろしければ「「ことば探し」も見てくださいね~

■おすすめのエンジェル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。

朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。

きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、おすすめのカードです。



■《お願い》
★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/
★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>
こんな感じの紹介になります→「リンク集」

| | コメント (4)
|

2009年7月23日 (木曜日)

■なるほど、そんな今どきの事情だったね~

昨日からの続きになります。

私は、ことの成り行きを気にしつつも、
外出せねばならなかった。
どうなっていくんだろうね~と
うーんと、気になりつつ。




そして、この二日後。
スーパーマーケットで、親しくして頂いている
近所の知り合いとばったりあったときのことだった。
偶然、この駐車場の出来事の話の続きを
聞くことができたのだった。
野菜の話からね。
(この時は、野菜のセールをしていた)




「今日は、野菜が安いですね~」
「助かるわね。
 安くないとなかなか買えないからね」
「ええ、本当にそうですね。
 ありがたいですね、今日は」

「今どきは、お金がないと暮らせないものね。
 お金がなくなると、突然暮らしぶりを変えないと
 いけないけど、なかなか、今までの
 暮らしぶりを変えるのはむずかしいわね~」
「そうですね、今までいい暮らしをしていると、
 その暮らしに慣れてますからね~」

「そうそう、そういえば、先日もね、
 ほら、あなたのマンションの前の駐車場、
 あそこでね、もめごとがあったのよ」
「え、あのパトカーが来たときですか?」

「あ、知ってる?
 ちょっと騒ぎになったの」
「ええ、窓から見てて、何事だろうと思って
 気になっていたんですよ」
「そうそう、それよ」




偶然にも、野菜の話から、
今どきの暮らしぶりの話になり、
その上、駐車場の話になったのだ。





私は、
身を乗り出して聞いた。





「で、あれは、何だったんですか?」
「私も、聞きかじりなので、どこまで
 本当の話かは分からないのだけど、あのね…
 ほら、あそこは月極の駐車場でしょ、
 それで、前に借りていた人が、
 お金を払えなくなったらしいの。
 引き落としができなくなったとかで。
 それで、次の人が借りたらしいのだけど、
 それを元借りていた人は知らなくて…
 それで、もめたらしいのよ」

「ああ、そうなんですか…
 そういえば、一人のおじさんが、
 ここはオレが借りているスペースだって、
 怒鳴っていましたが、支払いができなくなって、
 あのスペースを取られたんですね?」
「そうらしいわ。
 だけど、その人は、そのことを知らなくて、
 警察を呼んだらしいの」
「ああ、なるほど~」




どうやら、引き落としができずに、
斜め車のおじさんの駐車スペースは
なくなったらしかった。
それを、知らずに車を止めようとしたら、
違う車(トラック)が止まっていて、
斜め車のおじさんは、怒り爆発だったわけだ。
で、警察を呼んじゃったのだ…
きっと、その後に、事実判明したのだろうね。

今どきの契約は、ドライだし、
とくに月極などだと、すぐにこういうことに
なるのだと思う。




その後、気をつけて、
駐車場をみているが、
ナンバー○○のおじさんの
トラックは置いてあるが、
斜め車のおじさんの車はみかけていない。
どこか違うところに借りたのか、
借りるのをあきらめたのか…
どうしたでしょうね。

(って余計なお世話だけど)



今どきは、経済的にきびしい状況だから、
きっと、こんなことも多いのでしょうね。

ともかく、どこまで本当かは、
確認できないまでも、大雑把な、
ことの顛末を知ることができたのでした。
ああ、よかったぁ~
すっきりしました。


■「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。

Banner2
■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/
■まゆがおすすめするエンジュル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。

朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。
私は毎日夜引いて力をもらっています。とてもありがたいカードです。
きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、本当におすすめのカードです。



■《お願い》
★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/
★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>
こんな感じの紹介になります→「リンク集」

| | コメント (4)
|

2009年7月22日 (水曜日)

■おっ、なんだ、なんだ、何事だ?

今日は、わが家の前で
起きたちょっとした事件のお話です。



先日、わが家の前あたりに、
サイレンを鳴らしたパトカーが止まった。




「うちの前か?
 止まったのは?
 なんだ、なんだっ」




と思い、大急ぎで、
窓から下の方を見てみた。
すると、わが家の前ではなくて、
わが家の前に見える、
駐車場の前にパトカーが
止まっていることがわかった。








そして、見ていたら、
警官が3人ほど、パトカーから降りて、
駐車場の奥の方に向かっていった。
この駐車場の奥は、月極なのだが、
どうやら、駐車場の奥の方で、
何かあったようだ。

状況を、ちらちらと見ていたら、
警官が拡声器で、こんなことを言い出した。





「ナンバー○○の車の持ち主の方、
 すぐに出てきて、
 車をどけてください。
 ナンバー○○、車種は△△です~
 すぐに出てきなさい~」





そうそう、最初から気づいていたけど、
駐車場の奥に、斜めに止まった車があった。








どうやら、この斜めに止めた車の持ち主が、
パトカーを呼んだようだった。
そして、ビルの陰になって見えないけれど、
そこに止めてあるナンバー○○の車の持ち主を
拡声器で呼び出しているようだった。




すると、頭のはげたおじさんが、
どこからともなくやってきた。
どうやら、このおじさん(手前)が、
拡声器で呼び出されたナンバー○○の
車の持ち主であるらしかった。




そして、警官2人とおじさん2人とで
話し合いを始めた。








細かいところまでは、
はっきりと聞こえて来ないが、
大声で話し合っているので、
少しは、聞こえてきた。

こんなことを話しているようだった。
残念ながら、警官の声までは
聞こえなかったけど。




斜め車のおじさん
「この場所は、オレの駐車の場所だ。
 そこに違う車が止めてある。
 あんたどけろよ、そのトラック。
 これをどけないと止められない」
警官「……… ………」


斜め車のおじさん
「なんで、オレの駐車スペースに、
 こんなトラックが止まっているんだっ」
警官「…… ………」


斜め車のおじさん
「ここは、オレが借りてんの。
 どけるのが先、なっ」
トラックのおじさん
「私は、ここに止めろと言われたんだ。
 間違ってない。
 ここだ……」
警官「…… ………」




こんなことを怒鳴り合っていた。
どうやら斜め車のおじさんは、
相当怒り心頭なようだった。

私の推理だと、
ナンバー○○のおじさんのトラックを止めた場所は、
斜め車のおじさんの借りている駐車スペースで、
そこに、止めてしまったので、
斜め車のおじさんは、怒って、
警察を呼び、おじさんを罵倒しているのだ、
って感じだね、と。 

しかし、ナンバー○○のおじさんは、
ここの駐車スペースに止めろと
言われたので、ここに止めたと
言いはっている。
どうなっているのか、本当は?





そして、しばらく、
こんな話し合い
(怒鳴りあい)が
続いていた。









いっこうにらちがあかず、
大部もめていた。
私は、出かける準備もあったので、
気にしつつも、窓を離れたり、
また、見たりと繰り返していた。




すると、突然動きがあって、
斜め車のおじさんが、
車を動かしたのだ。

しかし、すぐにまた、降りてきて、
また、話し合いがはじまった。









ふぅむ、これは、
どうなるんだろう、
何があったんだろう…
そう思って気になったけど、
私も出かける時間が迫ってきたので、
仕方なくでかけることにした。
ああ、悔しい…




しかし、後日、
ラッキーなことに(うふっ)
この状況の顛末を、
近所の方に聞くことができたのだった。
この顛末は、明日書きますね。
今どきよくありがちな、
顛末でしたよ~


■「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。

Banner2
■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/
■まゆがおすすめするエンジュル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。

朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。
私は毎日夜引いて力をもらっています。とてもありがたいカードです。
きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、本当におすすめのカードです。



■《お願い》
★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/
★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>
こんな感じの紹介になります→「リンク集」 

| | コメント (4)
|

2009年7月 3日 (金曜日)

■怒り爆発の父親。すいません一点張りの店長。

昨日からの続きになります。
がっつりとした坊主頭の父親が、
また、テーブルの端を蹴り上げ、
耳の不自由な母親を追い出した。

すると、そこに、
この騒ぎを聞きつけ、
店長らしき人がやってきた。
やっとね。




「どうも、すいません…
 なにか、ありましたか?」




すると、父親は
こんどはこの店長らしき人にむかって、
こう怒鳴った。




「なにか、あったかじゃねぇよ。
 てめえんとこの店は、
 あんなうるさい客のとなりに、
 平気で座らせるのかよ」
「すいません……」

「すいませんじゃねえよ。
 普通気づくだろうがよ、
 みりゃ、わかるんだからよ~」
「は…すいません~」

「だから、すいませんじゃねえよ。
 この店、どうなってんだって、
 きいてんのっ」




そういうと、この父親は
ふたたび、テーブルを蹴り上げ、
今度は店側の対応に怒りをぶつけた。

また、ガシャンと音がして、
テーブルにあったものは、
ほとんど床に落ちた。

さらに、この父親の怒りの声に、
小さな男の子がまたびっくりして、
大きな声で泣き出した。
店内は、大騒ぎになってしまった。
 
さらに、この店長らしき人、
どうも弱っちい感じの人で、
この父親の行動を見て、
すっかりおびえて、
「すいません…」
と、小さな声で言うばかりで、
それが、ますます、父親をいらつかせ、
父親の怒りはなかなか収まらなかった。




店内は、シーンとして、
すべてが止まった感じで、
みんなが息をひそめて、
この状況を見守っていた。
店長らしき人は、小さくなって
「すいません」を繰り返した。
父親は、店長を罵倒し続けた。





「どうすんだよっ
 あやまればすむのかよ~」
「すいません…」





店長は、相変わらず、
「すいません」の一点張りだ。
父親は、怒りを収めない。




「もう、いいんじゃないの~
 今度は、あんたがいい迷惑だよ。
 あんたがうるさいよ。
 母親も、見てないで止めてよ。
 もういいでしょ。
 どうすりゃいいのよ~
 店長ももっと、
 しっかりしろよ~
 このくらい対処できなくどうするっ」




と、私は心の中で思っていた。
母親は、泣いている子どもをあやし、
父親の怒りを収めようとはしなかった。





と、そんなところに、
なんというタイミング。
この親子がオーダーした
食事が運ばれてきたのだ。





「ありゃりゃ~大変だ!
 食事がきたよ~
 こんなに怒っているのに、
 この親子、どうするんだろう?
 食べるのかな?
 どうするんだ、店長は?」




食事を運んできた年配の女性は、
かなり緊張してこわばった顔をして、
ラーメンと餃子とかをのせたお盆をしっかり持ち、
縮こまっている店長らしき人の横で、
どうしたものかと、指示を待っていた。
しかし、店長らしき人は、
縮こまったままで…




すると、この年配の女性が、
気を取り直して、
怒りのまだ収まってない父親に
声をかけた。




「あの……
 お食事……
 あの……」




すると、若き母親が



「○○ちゃん、
 食事ができたって。
 食べよ」




と、声をかけた。
すると、父親は我に返り、
(かな?)




「置けよ」



と、言い、年配の女性は、
床の汚れをよけながら、
親子のテーブルに食事を置いた。

そして、この年配の女性が、
食事を置いた後、
この親子に向かって、





「気がつかずに、
 どうもすいませんでした」





と、しっかりと頭を下げたのだ。
店長も、一緒に頭を下げた。
これで、やっと父親も落ち着いたらしかった。

確かに、この親子をこのテーブルに
案内した人は、この年配の女性で、
ちょっと気を利かせられたら、
席を変えることもできたと思う。
他の席は、空いていたから。

ただ、この店のスタッフはとても少なく、
この年配の女性ともう一人で、
店内をしきっているようだった。
だから、なかなか目が届かなかったのだと思う。
それか、事態を甘くみていたか。




なにはともあれ、
店内はやっと沈静化した。
親子は、テーブルに向かって、
食事をし始めた。
店中がまたざわざわし始めた。




「やれやれだね、
 何とか落ち着いたね」




私も、周りの人もほっとして、
食事を食べ始めた。
親子の席の足元には、
壊れたコップや食器、食材が
散らばっていたが、そのままだったが、
親子も、黙々と食べていた。

ふと、先の親子がどうなったか、
まだいるのか確認すると、
もう店内にはいなかった。
この騒ぎにおびえ、出ていったようだった。




この状況をみて、
先の親子もこの親子も店も、
大丈夫か?と思った。

先の親子は、
親子の関係がとても悪そうで、
とても普通には見えなかったし、
この親子は、父親がいったんキレたら、
若い母親に暴力を使うのではないかな、
と感じさせたからだ。
若い母親は、父親が怒っているとき、
子どもを守るようにしていたし、
止めようとはせず、
おびえているように見えたから。


店は店で、
食事を終え、レジで精算するときに、
スタッフから、
「お騒がせして、すいませんでした」
とのことばでもあるかと思ったら、
それもなかった。
お客への配慮が、ほとんどなかった。
この店の対応も相当問題があるなぁ、
だから、こんなことが起こるのだと
思ったのだった。




今回は、
「でも、よかった、よかった」
と思えることがほとんどなく、
とても、後味の悪い「早夕飯」となり、
帰り道に、いろいろと考えさせられたのでした。
今の世の中の縮図を見せられたような気がして…
ちょっと切なかったです。


■「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。

Banner2
■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/
■まゆがおすすめするエンジュル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。

朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。
私は毎日夜引いて力をもらっています。とてもありがたいカードです。
きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、本当におすすめのカードです。



■《お願い》
★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/
★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>
こんな感じの紹介になります→「リンク集」

| | コメント (2)
|

2009年7月 1日 (水曜日)

■2人とも、さっさと出てけっーーー

昨日書いたように、最近は、
できるときには「早夕飯」を心がけています。
といっても、なかなかそうはできないけれど…。

でも、揚げ物などカロリーの高いものを
思い切り食べたいときや、
一人で夕飯を食べるときには、
心して「早夕飯」を心がけていて、
さらに、ちょっと抑えめにしています。
(私は、夜は動かないから)
その後の時間、全く食べないようにするのが
ちょっと辛いですが…

でも考えてみれば、午後7時か8時に食べても、
腹八分目にしておけばいいのでしょうね~
でも、それができないんだな…
ついお腹いっぱいにしちゃうから。(泣)

さて、今日は、
その「早夕飯」をしたときに出くわした、
ちょっと考え込んでしまったお話です。
それは、こんな出来事でした。




いつものように、ファミレスに
仕事を持ち込み、一段落し、




「そうだ、今日は、
 ここで早夕飯しちゃおう、
 ふふん~」




と思い、早夕飯をオーダーして
(おかゆセット、サラダ、デザート)
いまかいまかと、出てくるのを
待っていた。

私の前の席に、30代半ばくらいの母親と
5歳くらいの男の子が座って食事をしていた。
ところが、その男の子がなにやら落ち着かず、
立ち上がって入り口の方に行ってみたり、
母親に「早く食べろ」とせっついたりしていた。
どうやら、男の子は食べ終わり、
母親はまだ食べてる最中らしかった。

落ち着かない雰囲気の中、
男の子に「落ち着け、おとなしくしろ」
とばかりに、母親が叱りだした。




そのとき、
母親が耳が不自由な人だと気がついた。
男の子を手話と身振り、片言のことばで、
さかんに叱りはじめた。
すると、男の子は、ますます反抗的になって、
テーブルを叩いたり、足をばたばたさせたり、
母親をたたいたりし始めた。




「あらら、大変だ、
 あの男の子、かんしゃく
 起こしちゃったね~
 早く出たいのかしら?」




そう思いつつ、注視していると、
その親子の隣の席に3人の親子連れが
案内されてきた。




がっつりとした坊主頭の父親と
ややヤンキーふうな髪の長い若い母親と
まだ独り立ちできない小さな男の子の
3人だ。




その間も、男の子はぶりぶりと怒り、
母親に文句を言い、ときにテーブルを
どんどんと叩いたり、
足をばたばたさせたりしていた。
それを見て、
母親は身振り手振りで男に子を怒り、
結構、騒がしかった。

私は、はらはらとしながら、
その様子を見ていた。
大丈夫かなぁ、この親子。
それに、隣の3人の親子は、
落ち着かないし、
いい迷惑だろうなぁ…と。

そう思っていたら、
この3人の親子の小さな男の子の方が、
隣の男の子のテーブルを叩く音にびっくりして、
泣き出してしまった。
若い母親は、あわてて、
小さな男の子を奥の方に座らせ直した。
そして、こんな位置関係になった。








そして、ついに、
この若い母親が立ち上がり、
騒いでいる男の子に向かって、
こう言い放った。





「おまえ、出ろよ、
 店、出ろよっ、
 うるさいんだよっ」





男の子はびっくりした顔をして、
その若い母親を見つめた。




「出ろって、言っんだろ。
 聞こえないのかよ、
 うるさいんだよ。
 小さな子どもがおびえてるだろ
 出てけっ」




と、再び、つめよった。
男の子は、だまり込んだ。
私は、その若い母親の口調のすごさと、
これからどうなるかと、どきどきしながら、
黙ってみていた。

これを見ていた耳の不自由な母親は、
ほら、見たことかとばかりに、
身振り手振りで、男の子をなだめ始めた。
店内に、不穏な空気が流れた。




と、そのとき、
今度は、
がっつりした坊主頭の父親が
ドスのきいた声で、
この親子にどなった。





「出てけっ、
 って言ってんだろ。
 さっきから、
 うるせーんだよ。
 2人とも、さっさと
 出てけっーー」





そして、
その親子のテーブルの端を、
足で蹴り上げた。





ガシャン~
ガシャン~





と、テーブルの上の食器やら
コップが床に落ちて壊れた。
店内の空気が一変して、
店内にいたお客さんがみな息をのんだ。

かんしゃくを起こしていた男の子は、
びっくりして、入り口の方に逃げ、
母親は呆然として、坊主頭の父親の方を
見続けていた。

すると、父親は、
この耳の不自由な母親に向かって、
さらに、こう言った。





「早く、でろっ、
 おまえもだっ
 迷惑なんだよっ」





そして、再び、
テーブルを、ガンと蹴り上げた。
また、食器が落ちて割れた。
床は、食材と水などで汚れていた。

母親は、あまりの驚きに動けなく
なっていたが、こうまでされて、
あわてて、席を立ち上がった。
そして、荷物を持ち、
レジの方に向かって行った。
呆然としながら…




そして、実はこの後、
もっと大変なことになったのでした。
この続きは明日書きますね。


■「ぼちぼち日記は」は「ことば探し」の管理人が書いてます。
  よろしければ、こちらも見てみてくださいね。
  毎日変るアファメーションなどもあります。
「今日のことば」5月人気ベスト5もUPしています。
  「ことば探し」
■まゆがおすすめするエンジュル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。


朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。
私は毎日夜引いて力をもらっています。とてもありがたいカードです。
きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、本当におすすめのカードです。

| | コメント (2)
|

2008年10月14日 (火曜日)

えっ…こんなになってしまったの?

今日は、以前書いた話の続きである。
私は、チェックし続けていたのだ。
時々、このコースを歩いてみては。



それは、これだ。  
「9月8日」で紹介した、
この立派な、けれど
たった1つだけのひょうたんだ。









これが、9月25日にチェックに
行ったときには、こんな感じになって、
葉っぱがすっかり枯れてきたが、
ひょうたんはまだぶら下がっていた。









「孤独だ…」




などと、人間の私は思ったが、
堂々たるひょうたんは、
そんな孤独には全然負けて
いないように堂々としていた。



ところが先日
10月13日のことだ。





「あっっ…
 ひょうたんが
 なくなっているぞっ」





そう…ついについに
なくなっていたのだ。
あのひょうたんが…
ほらね、
さっぱり。









上の葉っぱたちもすっかり取られて、
ひょうたんは姿形もなくなっていた。



「ああ、ついに、
 あの立派なひょうたんは、
 刈り取られたんだね~
 何かに使われるのかなぁ~」




などと思いながら、
大急ぎで近づいてみると…
そこで私は、
大変なものを見つけたのだ。




「あっっ…!
 あれはっ…!
 もっ、
 もしかしたら…
 まさか、まさか…」





などと、思わず、
叫んでしまったのだった。
それは、こんなものを
見つけてしまったからだ。









もっと近づいてみると、
こんなだ。









もしかしたら、これは、
あの堂々たるひょうたんを
半分にしたもの、
形からするとひょうたんの
下の方の半分ではないのか?





なんとなく、
そう感じさせるものが
ぽつんと置かれていたのだ。

じぃっーと、見てみたが、
本当にあのひょうたんであるかどうかの
確証は得られなかった。



しかし、この場所に、
あんなグリーンのものが
置かれているなんて、今までないし、
これが、ひょうたんの半分である確率は
相当高いと思う。




「半分に切り取って、
 中身を取り出して、
 こうして干しているのかも…
 ねっ」




などとも思ったが…
なんとなくただ
置かれているだけにもみえた。
どうなんだろう…
これは、何かな?

またまた、この半分のものの
正体やゆくえをチェックせねばなるまい、
などと心に誓った。

そして、この場所を撮影し、
立ち去ろうとすると、
この道を通りがかったご夫婦が



「あ、
 ひょうたんがなくなってるね。
 つい最近までぶら下がっていたけど」




などと言いあっていた。
やっぱり、みんな気にしていたようだ。



あのひょうたんは、
この辺りに住む人々を
ちゃんと楽しませていたのだと
私は思った。




というわけで、
あの堂々たるひょうたんは
ついになくなったのでした。
あの半分が何か…
わかったらまたご報告します。


「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。
ランキングに参加したけど、まだうんと下っ端なので…
Banner2


■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/

■《お願い》

★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/

★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

こんな感じの紹介になります→「リンク集」

| | コメント (2)
|

2008年9月11日 (木曜日)

そんなものから…出火の原因

昨日からの続きになります。


次の日。
私は、現場がどうなっているか、
どうしても知りたくなってきた。
そして、やっぱりここは、
何が原因か聞いてこなくちゃね、
などと、思うに至った。

そこで、
またまた愛車を引っ張り出し、
いそいそとペダルを踏んで、
昨日の火事の現場へと出かけた。



すると、
昨日の現場は様変わりしていて、
昨日は、こんな状態で、
水びだしだったのが、








ほら、
こんなふうにさっぱりと
きれいになっていた。









もっとも近くの空き地には、
こんなふうに、残骸が置いてあったけど。








そして、
近所の方々(おばちゃん中心)が、
心配げに集まっていた。
そして、みんなで、なにやら
いろいろと話しているようだった。









なんだか、
話が聞けそうだね。
おばちゃんたちだしね。





そこで、私はさりげなく、
おばちゃんたちの前で立ち止まり、
誰にというわけでもなくこう聞いた。



「あの~
 あの店は、おじいちゃんと
 おばあちゃんがやってましたけど、
 大丈夫だったんですか?」




すると、一人の親切な
おばちゃんがこう教えてくれた。



「大丈夫よ。
 ほら、おばあちゃん、
 あそこにいるわよ」




と、店の前に立って、
疲れた顔をして、やや呆然としている、
おばあちゃんを指さした。
声をかけるほど親しくもないので、
ただ、見ることしかできなかった。



「大丈夫だったんですね、
 よかったわぁ。
 おじいちゃんは?」
「身体に異常はないけど、
 もうお年だから、今、
 病院で休んでいるって。
 びっくりしたらしくてね。
 でも、二人とも大丈夫だったから、
 不幸中の幸いよね」




私も、そう思ったので大きく頷いた。
まずは、いちばん気になっていた、
二人の無事を聞くことができた。
辛いだろうなぁ…と思ったが、
無事なのはなによりだった。

安心したので、
今度は、こう聞いた。



「お隣さんは、大丈夫だったんですか?」
「うん、大丈夫だったけど、
 水で、部屋と店がぶちゃぶちゃで
 当分、生活はできない感じらしいわ。
 大変よねぇ~」




それを聞いて、
本当にそうだろうなぁと思い、
再び大きく頷いた。




そして、
最後にこう聞いた。 

「何が、
 出火原因だったんですか?」





すると、このおばちゃんたち、
いきなりひそひそ声になり、
こう教えてくれた。



「あのね、トースターだって」
「え、トースター?」
「そうらしいのよ。
 ほら、もうこのお宅も古いでしょ?
 トースターもとても古いものを使っていて、
 それがショートしたとか、
 漏電だったのか…ってところらしいわ。
 トースター付近から火がでたことは、
 まちがいないらしいの」

「ショートか、漏電ですか…
 そうなったときに、
 火を止められなかったのでしょうか?」
「動転したらしくてね~
 どうしていいかわからなかったようだし、
 すぐに火がついたらしいの。
 わぁ~と燃え広がったんだって。
 木造だし、古いからね~」




ということで、なにやら原因は、
こんなところらしかった。
さらに、おばちゃんたちは、
こんなことも教えてくれた。



「たぶん、燃えやすいものも、
 そばにあったんだと思うわ。
 いろいろといっぱいあったもの…」




ということで、
そのいろいろな燃えやすいものに
火がついてしまったらしかった。
そして、原因については、
これから、本格的な調査が始まるとも。

二人の無事も知れたし、
火事の出火原因も、どこまで真実かは
わからないまでも、
トースター回りから火が出たことも
わかったので、私は、満足し、
このおばちゃんたちに、
教えてもらったお礼を言い、
この場を去ることにした。
はやく、立ち直ってほしいなぁ、
と祈るような気持ちを持ちながら。


この寄り添っている焼けただれた3軒が
これから、どうなっていくのか、
見守っていこうと思っています。


「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。
ランキングに参加したけど、まだうんと下っ端なので…
Banner2


■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/

■《お願い》

★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/

★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

こんな感じの紹介になります→「リンク集」

| | コメント (6)
|

より以前の記事一覧