« ■いよいよ始まった「大念珠廻し」…こうするんだね | トップページ | ■この珍しい動物は、このように散歩するんだね »

2012年6月28日 (木曜日)

■お菓子は「大人たちはだめですよ~」に、がっくり。ほしいのにな。

《お知らせ》

■しばらくの間、
 月曜日はお休みさせていただきます。


 レギュラーの仕事が入り忙しくなりました。
 火曜日~金曜日は、いつものようにUPしますので、
 よろしくお願いいたしますっ。<(_ _)>



■新メールマガジン第2号配信のお知らせ   

愛を大切に育てていきたい人のために…

『そうだったのか! この違いがわかれば、
 きっと許せる「男女の違い105」』


こちらから一部ですが、読むことができます。↓
「http://www.kotobasagashi.net/danjyomerumaga.php」

今回のテーマは、
『女性が「やってもやっても」感謝されない切ないわけ』で、
女性の習性がその原因のひとつということを書いてます。
一部ではありますが、読んでみてくださいね。

申し込み一ヶ月は、無料で読むことができますし、
解除も簡単なので、気軽に申し込んでくださいね。

■申し込みは↓こちらから

 「http://www.mag2.com/m/0001538152.html」

どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


 

昨日からの、続きになります。

巣鴨「眞性寺(しんしょうじ)」の
「大念珠廻し」も、そろそろ終わりに近づき、
先に、子どもたちの「大念珠廻し」が終わり、
子どもたちには、こんな声がかかっていました。



「今日来たみんなには、
 お菓子があるから、
 こっちに取りに来てね~」




それで、子どもたちは大喜びで、
お菓子を配るところに集まってきました。

そして、つぎつぎと嬉しそうに
お菓子をもらっていきました。
見ている、私に、嬉しそうに、
お菓子をみせながら。








ところが、その後、
お菓子を配っている人たちは、
こう叫んでいたのです。




「お菓子は、
 子どもたちだよ~
 子どもたちだけね~
 子どもたち、集まってね~
 大人はダメだよ~」





えーーっ、そうなの?
そうだったのか…
お菓子は、
子どもたちだけなのか…

でも、まてよ、
あの、看板には、
「子どもだけ」なんて書いて
なかったような…




そう思って、先の看板を確認すると、
やはりそんなことは書いてない。
でも、子どもだけらしい。









あ、もちろん、
お菓子ほしさに、
この祭事に参加したわけじゃ、
ありませんよ~
大人ですから、ね、

お菓子ほしさ、
なんてことではありません。
断じて!

(あっても、半分くらいです)




ということで、お菓子の配り方については、
やや不満でしたが、そこは大人ですから、
お菓子は諦めて、「大念珠廻し」の
片付けはどうするのか、を見守ることにして、
大人たちのテントに戻りました。



五時三十分過ぎに、
どうやら2廻りしたらしく、
めでたく「大念珠廻し」は
終了となりました。




そして、巨大数珠の片付けが
はじまりました。
協力しようとする方もいたのですが、
かえって手を出すと危ないということで、
関係者が丁寧に片付けていました。








ああ、これで終わりだね、
じゃ、帰ろう、
なかなか面白かったね、
と、帰ろうとすると、




なんと、そこに、
先のお菓子箱が
運ばれてきたのです。









「あ、お菓子が来た!
 あの、わたがしタマちゃんの箱だ。
 えっ?なに?
 配るの?」




と、ちょっと期待しつつ、
また立ち止まってみていると、
つぎつぎとお菓子が運ばれてきました。
どうやら、配るようです。



わぁ~やったぁ~!
お菓子、お菓子、
と、心で喜んでいると、
再び、こんな言葉が…





「お菓子は、
 座って、数珠を触った方
 優先ですよ~
 まずは、座っていた方、
 こちらの方へお配りします~
 座っていた方ですよ~」





が~ん、
再び、私は、選もれ…
私は、立っていたもん。
なんだ、結局お菓子は、
もらえないんじゃない、
ぷりぷり




もちろん、何度も言いますが、
お菓子ほしさに参加したわけじゃないですよ、
(大人だしね)
でも、こう何度も拒否されてはね、
プリプリするというものです。
(半分はほしかったしね)

そこで、もうさっさと、
帰ろうと入り口に向かうと、
お菓子を配っていた方が、
こう声をかけてくれたのです。




「お菓子、もらった?」




私は、大急ぎで首を振りました。
「いいえ、いいえ」と。
(立っていたんですけど、ね)
すると、その方は、




「はい、
 今日はありがとうございました」





と、お菓子を手渡してくれたのです。




うっ、嬉しい!!




私は、ていねいにお礼を言い、
お菓子を受け取りました。




「ふふ、もらえたね~」
とほくそ笑みながら…





どうやら、座っていた方が優先で、
余ったら立っていた方にも配るということのようでした。
ラッキーでした。

そして、このお菓子をぶらぶらとしながら、
家に戻ったのですが、
このお菓子が意外にずっしりと重かったのです。









帰ってきてから、
何が入っているんだろうと、
開けてみると、こんな
懐かしげな「駄菓子たち」が
6種類入っていました。










どうやら、六地蔵にあやかって、
6種類のお菓子のようでした。




お菓子を配る箱に「わたがしタマちゃん」と
書かれていたので、どんなものかしらと
思っていたのです。
こちらの箱ね。









すると、綿菓子が、
小さく固められたものでした。









こんなものがあるのだと、初めて知りました。
固まったら、お砂糖として、
コーヒーなどに入れてもいいそうです。
なるほど、砂糖菓子ですからね。

さて、このお菓子たち、どうしよう、
近所の子どもたちにあげようかと
思っているところです。

ということで、
巣鴨「眞性寺」の「大念珠廻し」と、
いただいたお菓子の話でした。


■「ぼちぼち日記」は「ことば探し」の管理人まゆが書いてます。
  よろしければ、「ことば探し」もみてくださいね~

◎オラクルカードの紹介ページもあります。
  生きやすくなる、夢をかなえる、勇気をもらえるカードです。
   「オラクルカード」
 ◎毎日変るアファメーションもあります。↓
   「ことば探し」

 ◎「男女の違い、夫婦のあり方」を書いた本も160冊以上紹介↓
   「男女、恋愛、愛・夫婦・結婚」

 ◎「今日のことば」毎月の人気ベスト5もUP↓
   「5月の人気ベスト5」

|
|

« ■いよいよ始まった「大念珠廻し」…こうするんだね | トップページ | ■この珍しい動物は、このように散歩するんだね »

直撃体験、楽しい体験」カテゴリの記事

コメント

エコペンさん、こんにちは~

お菓子は、大事ですよね~
というより、何かもらえるって、
なんでも嬉しい…(苦笑)

そうそう、このお菓子、知り合いのお子さんに
あげたのですが、確かにこの綿菓子は
おいしいといってましたよ。
ひとつも食べなかったけど、
食べてみればよかったと後悔しました(笑)

投稿: まゆ | 2012年7月 5日 (木曜日) 午前 10時17分

まゆさん、こんばんは。
わ~良かったですねぇ~。私もお菓子に釣られて行っちゃう口ですよ、大人も嬉しいよね(^_^;)。色んな行事があるんだな~、数珠を回すってね。
江戸六地蔵尊って、長野県の善光寺にある六地蔵とは違うんかな。”江戸”ってついてるもんね。御利益ありそうですよね、大きな数珠やったし。
その綿菓子は意外に美味しいんですよ。私の故郷に節分に子ども達にお菓子を配る行事があって、その前になると配る用の昔懐かしい駄菓子がスーパーに出回るんです。引っ越して3年、その行事から離れてしまったけど、毎年買って準備してたこと思い出しました。

投稿: エコペン | 2012年6月28日 (木曜日) 午後 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■いよいよ始まった「大念珠廻し」…こうするんだね | トップページ | ■この珍しい動物は、このように散歩するんだね »