« ■「もう、不満は言わない!」プロジェクトについて | トップページ | ■「不平不満愚痴非難」を言わないと、こんないいことがある »

2009年6月23日 (火曜日)

■なぜ、不平不満、愚痴を言い、誰かを非難するのか?

昨日からの続きです。
何人かの方から、




「ブレスレット持っているけど、
 やってません」
「ブレスレットは持ってないけど、
 同様のことをしています」




などなどのメールを頂きました。
メールを送ってくださった方々の
許可をいただけたら、お話紹介しますね。
メール、どうもありがとうございます。
なんだか、とても、力になりますっ。




さて、今日も、
この本からの紹介になります。

「もう、不満は言わない」





今日は、なぜ、
「不平不満を言うのか」ということを
さぐってみたいと思います。
この本によると、こんなことだそうです。




「私たちが不平不満を言うのは、
 他のさまざまなことをする理由と同じで、
 それによって得るものがあると
 考えているからです。
 (中略)

 心理学者のロビン・コワルスキーは、
 「不平不満の多くは、他者からの、
  人間関係における特定の反応、たとえば
  同情や是認などを引き出そうとする
  思惑を含んでいる。
  たとえば、人は、身体の不調について
  愚痴をこぼす。
  本当に具合が悪いからではなく、
  むしろ病人の役割が他者からの同情や、
  いやなことを回避するという二次的な
  利益を生じるからである」
 と書いてます」




ということで、不平不満をいうのは、
なんらかの利益を得るからではないかと
いっています。



少し横道にそれますが、実母の話をします。
母は、80歳をとうにすぎていますが、
体調に不安があるものの元気です。
母を例に出すのは、心苦しいのですが、
とても不平不満愚痴の多い人なので、
娘の私の反面教師となっているので…

何か話をすると、ほぼ必ず、
不平不満愚痴、誰かへの非難が含まれます。
(例えば、
 「●●さんが、料理を持ってきてくれるけど、
  いつも、同じもので、量も多くて、
  食べきれなくて、かえって大変なのよ」など)




もちろん、本人は、
「不平不満愚痴をそんなに
 言ってない、
 私だって言いたくない」
と言っています。




そんな母を見ていると、
不平不満愚痴、非難が母の元気の元、
生きる力になっていると思わざるを得えません。

さらに、母から、
不平不満愚痴、誰かへの非難をとったら、
話題がなくなる、他の話はない、
それが、他人とのコミュニケーションを
とるための、たった一つの手段だと、
思っているのではないかと思えてくるのです。
(だから、もう言うな、などとは、
 言わなくなりました)

何十年間も、不平不満愚痴、
非難を言い続けてきた母が、
何を得たか…、何か得たか…
母は何を求めて、言ってきたのか。




それは、周りからの
愛情がほしかったのではないか。
常に、自分のことを
認めてほしかったのではないか。
自分のために何かをして
欲しかったのではないか。
そして、不平不満愚痴、非難を言いながら、
その本当に欲しいものを得られない自分の
不幸を嘆いていた…とも思うのです。

(自分にもそういう傾向があるので、
 そう思うのかもしれません)



果たして、母は、欲しかったものを
得られたのだろうか…
このことを考えるとき、私は、
切なくなってしまうのです。
なぜなら、周りのみんなは、
そんな母に愛や承認を与えるより、
「うんざり」した顔を向けていたからです。
(もちろん、私もです)

生きていると、そして、長く生きてくると、
いろいろなものがたまり、どうしても
不平不満や愚痴を言いたくなるのかもしれません。
誰かを非難したくなるのだと思います。
それも、実感としてわかります。
しかし、母を見ていると、
こう思えてくるのです。




何かを得るとか、得ないとかいうより、
(もちろん、得たこともあるとは思いますが)
自分をなんとか保つため、そして、
不平不満、愚痴、非難を言う以外の方法で、
自分を認めてもらう方法を知らないのではないか、
愛される方法を知らないのではないか、
と。




ここまで書いてきて、こう言うのもなんですが、
母は、働き者で尊敬に値する人でもあります。
(私は、母に心から感謝しています)
そんな母でも、認めてもらう方法や、
愛される方法を知らないのではないか、
だから、不平不満口や非難を繰り返してきて
しまったのではないか、と、
私にはそう思えるのです。




だから、違うやり方を知っていく、
あるいは、気づいていく…
そして、それをやってみていく…
自分のやり方にばかりこだわらず、
それが、よいことなら身につけていく…
そんなことが、とても大切だと思えるのです。
そのための、一つの方法が、
今回紹介している、
「もう、不満は言わない」
プロジェクトでも
あると思うのです。




長くなりましたが、そう思っています。
今日は、本の紹介からちょっとそれてしまいました。

明日は、その「やり方」などについて書きますね。
といっても、むずかしいことではないですよ~


■「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。

Banner2
■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/
■まゆがおすすめするエンジュル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。

現在「クリアランスセール開催中!」しているようです。
6月28日まで。
オラクルカードは5%引きで、お買い得でした。

朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。
私は毎日夜引いて力をもらっています。とてもありがたいカードです。
きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、本当におすすめのカードです。



■《お願い》
★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/
★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>
こんな感じの紹介になります→「リンク集」

|
|

« ■「もう、不満は言わない!」プロジェクトについて | トップページ | ■「不平不満愚痴非難」を言わないと、こんないいことがある »

本からの話紹介」カテゴリの記事

コメント

lanaさん、こんにちは。

>私も非常に愚痴不平不満が多いです。そして被害者意識も強いです。
>私は機能不全家族に育ち、存在を否定され続け、
>母からも育児放棄を受け、兄にいつも暴力を振るわれてきました。

とても辛い思いをされてきたようですね…
このような中で育ってきたら、愚痴不平不満は、
出てしまっても当然という思いがします。

でも、そんな中でも、自分のことを
愚痴不平不満が多い、被害者意識も強いといえるのは、
とてもすごいと思います。
自分のことを冷静に見つめておられる、と思うからです。
だからこそ、もっと辛いのかもしれませんが…


>両親ともに不平不満愚痴だらけでいつも人の悪口を年中言っています。
>世代間連鎖してしまったとも思います。

そうですね、そのようなところはあるかもしれませんね。
どうしても親を見て育ちますからね。
世代間連鎖…いいことならいいのに…ですね。


>なかなかアダルトチルドレンの回復に持ち込めず、
>イライラしているのも正直なところです。

いっぱいの傷があるでしょうし、いろいろな思いもあるし、
簡単に回復できるものではないように思います。
時間は、必要分かかるのではないでしょうか。
それは傷の深さに比例しているように思います。
ただ、安易には言えませんが回復はできると信じます。
冷静な自分のことを見つめられる力のあるlanaさんですから。


>愚痴不平不満を抱かないためには具体的にどうしたらいいのか分からないです。
>湧いて出てしまうので抱えたまま口にしないでいるしかしょうがないのでしょうか?

こちらの方は、もしよかったら、
具体的な方法や気持ちの整理もできますから、
こちら↓を利用してみてくださいね。
きっとお役に立てると思います。
http://www.kotobasagashi.net/ChargeMenu.php

投稿: まゆ | 2016年2月13日 (土曜日) 午後 03時41分

私も非常に愚痴不平不満が多いです。そして被害者意識も強いです。
それが躁うつ病とセットとなっている。性格が悪いと指摘されたことがあります。

私は機能不全家族に育ち、存在を否定され続け、母からも育児放棄を受け、兄にいつも暴力を振るわれてきました。

父も母と折り合いが悪かったです。

主治医から先日、きみはもともと不平が多いんじゃないのん?って言われて傷ついてしまいました。気にしているコンプレックスだったから。

それで鬱ではなく不平が多いのが元気が出ないのだと思ったのか抗うつ剤を増やしてほしくても増やされませんでした。

私も愛されたかった、愛情飢餓で認めてもらいたかったと思いました。
本来はすごい働き者です。

両親ともに不平不満愚痴だらけでいつも人の悪口を年中言っています。

世代間連鎖してしまったとも思います。

なかなかアダルトチルドレンの回復に持ち込めず、イライラしているのも正直なところです。

愚痴不平不満を抱かないためには具体的にどうしたらいいのか分からないです。湧いて出てしまうので抱えたまま口にしないでいるしかしょうがないのでしょうか?

長文失礼しました。
聴いてくださってありがとうございます。

投稿: lana | 2016年2月 8日 (月曜日) 午前 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■「もう、不満は言わない!」プロジェクトについて | トップページ | ■「不平不満愚痴非難」を言わないと、こんないいことがある »