« ■町を走っている「廃品回収車」に声をかけてみた | トップページ | ■思い切って「高いもの」にしてみた…失敗は許されない »

2009年5月26日 (火曜日)

■ 「廃品回収業者」の実態…学びました。

処分品が出たので、
町中を走っている「廃品回収車」に声をかけて、
処分品を見てもらうことにした。




見てもらったら、
無料のものはないらしく、
3つで1000円だと言う。




なので、私は、断ることにした。
だって、区に出すと、
空気清浄機200円、テーブル200円、
ステッパー300円
(もしかしたら200円でいいかも)で、
合わせて600~700円だもん。

粗大ゴミ置き場まで運ぶ手間はあるけど、
わが家には、昨日の写真にもあるように、
荷台車があるので、これで持っていけば、
楽に運べるので、そちらにしようと思った。
そう思ったので、




「じゃ、区の方に出すわ。
 そちらの方が安いから」




と、言ったのだった。
すると、この男性は顔色をかえて、
開き直ったようにこう言った。





「じゃ、いくらなら、
 いいわけ?」





男性は、あきらかに気分を
害したようだった。
私は、心で、
あらら、態度が変わってきたね、
これは、まずいね、と思ったが、
思い切ってこう言った。





「500円、かな」 




半分まで値切ってみた。
男性は、その答えを聞くと、
あきらかに不愉快そうな顔をして、
やや脅すようにこう言ってきた。





「手間がかかるんだよ、
 処分は。
 600円だな」





と、区の粗大ゴミ費用と同じにしてきた。
しかし、男性の態度が不愉快そうで、
気分もよくなかったし、
こんな業者さんに、長年使ってきたものを
処分してもらうのもいやだなと思ったので、
決断して、こう言った。




「じゃ、区に頼むわ。
 わざわざ来てもらって
 悪いんだけど…」




交渉決裂。
すると、男性は、
吐き捨てるようにこう言った。





「失礼だな!」




そして、持ってきた荷台をつかむと、
いらいらした感じでさっさと去っていった。
わざわざ玄関先に来てもらったし、
手間をかけたと思ったので、私は、




「わざわざ、
 ありがとうございました」




とその背中に声をかけた。
すると、この男性は、
エレベーターが来るのを待ちながら、
もう一回私に聞こえるように
こう言った。





「失礼だな!」




でもねぇ…
確かに足を運んでもらったけど、
処分品を見てくれるということだったし、
価格については、区との比較で、
お互いにこれは、交渉だし、
それほど失礼なことはしていないと
思うんだけど…ね。




ともかく、ちっとも
お気軽に~
でないことだけは、
よーくわかった。




この男性の様子を観察して、
気の弱い方や女性、一人住まいの方なら、
断れないだろうな、と感じた。
足元を見て価格をつけて、少し脅して、
その価格を押しつけそうだったから。

だから、高い金額をふっかけられて、
引き取ってもらうことも起こるのだと思った。
事実、冷蔵庫の引き取りで、
2万円取られた人もいるらしい。
もっともこの男性であるかどうかわからないけど。




私は学んだ。
町中に走っている「廃品回収車」に
不用意に声をかけてはいけない、
かけるなら、必ずお金を徴収されると
覚悟してかけることと。

(って、もうかけること、ないけど) 



ということで、廃品回収車の
真実を1部だろうけど、理解したのでした。
こんな人ばかりでないと思うけど、
もっと悪い人もいるかもしれないので、
声をかけるときには、注意してくださいね。


■「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。

Banner2
■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/
■まゆがおすすめするエンジュル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。

朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。
私は毎日夜引いて力をもらっています。とてもありがたいカードです。
きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、本当におすすめのカードです。



■《お願い》
★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/
★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>
こんな感じの紹介になります→「リンク集」

|
|

« ■町を走っている「廃品回収車」に声をかけてみた | トップページ | ■思い切って「高いもの」にしてみた…失敗は許されない »

直撃体験、楽しい体験」カテゴリの記事

コメント

俺もこの業者に騙された
売り文句が一緒
お気軽になんて言ってるが
端っから言い値で金をぶんどる気
居直り押し売りと一緒
俺は金が掛かるのはしょうがないと金を払ってしまった
後になって馬鹿だったと悔しい思いでいる
ここの人エライ
今は、あの廃品回収業者お拡声器が聞こえると
警察に迷惑騒音で通報するようにしている
ああいう業者を根絶する方法は無いのだろうか

投稿: ダマされたろう | 2017年2月26日 (日曜日) 午後 02時11分

タンスさん、こんにちは。

なるほど、そうでしたか。
体験してみないとわからないこと多いですよね。
でも、焼酎と粗大ゴミ代ですんでよかったですね(笑)

それと、愛想、大事ですよね。
業者の方にすれば、いちいち愛想なんて言ってられないかも
しれませんが、愛想はいい方がいいと思います、私も。

投稿: まゆ | 2012年3月 7日 (水曜日) 午後 12時13分

私も二度ばかり頼んだことがあります。
一度目は初老の愛想の良いおじさんで,ラジカセとプリンターと座椅子でしたが,ラジカセとプリンターは無料で座椅子は処理代として200円かかるんですがと言われたが,そのようなものだろうと200円だけ支払いました。

二度目はタンスを始末したいと思い声を掛けたら,中年の帽子を被った愛想の悪い親父で,面倒くさそうに二階にあるんですか?3600円というので高い!高い!とすぐ言い返しました。
電化製品もあるんだけど幾ら位かかるんですと聞くと,品物の状態を見てからでないと分からないと言うので,もう結構だ!と言って後ろも見ずに家に戻ったことがあります。
それ以来頼んだことはありません。

やはり商売なのだから愛想は大事なことで,少々高いかなと思っても相手が気持ちよく応対してくれれば頼もうと思ってしまいいます(少々高い場合です)。

業者にも色々あって他の方の投稿にもあるように使えないような物は不法投棄する業者もあれば,投げる場所を持っていてそこに捨てたり,または使えそうなものは修理して再利用したりと全て悪い業者とは言い切れないと思います。

全て商売は愛想が大事です。
声をかけた時から愛想が悪いのは止めにした方が良いですよね。
行政に頼めば一番良いのですがタンスとなれば重いので一人で動かせません。それで業者に声をかけたんですが。

仕方ないので近所に住んでいる友達に焼酎一本で頼んで手伝ってもらい行政の粗大ゴミに頼みました。
タンス一つ無くなると部屋が広くなり結構です。

でもここのブログ,いろんな事に関心を持って追及しているのが面白いね。


投稿: タンスさん | 2012年3月 1日 (木曜日) 午後 07時15分

通りすがりさん、こんにちは。

なるほど、そういう考え方もありますね。
この経験で、いろいろなことを知りましたので、
次回からは、この経験を活かしていきたいと思います。
教えていただき、ありがとうございました。

投稿: まゆ | 2011年4月19日 (火曜日) 午後 10時22分

こんにちは。

ネットで「廃品回収業者」で検索したら出てきたので読ませていただきました。
基本的に「廃品回収業者」というものはほぼ100%悪徳業者だと私は考えています。
それだけ廃棄コストがかかって安いと商売にならないということは、それはまず「まともにできる商売」ではないということです。

基本的にこういった業者はその存在から手法にいたるまでかなり違法です。
まず関係機関からの許可が必要ですが、大方、許可を受けていません。
大音響で騒音を流しながらというやり方も各種条例、法令違反です。
訪問販売と同じですから、その辺の法令も守る必要があります。

また何より知っているべきなのが、こういった業者が産廃の違法廃棄をしているということです。
廃棄にコストがかかるので、低額ではできません。
無料で引き取るというのはありえないですし、
有料でもそういった名目で引き取り料をとっておいて、引き取ったものは売り飛ばせないものはすべて違法投棄です。

とにかく、路上で業者の素性もわからないような違法操業者に儲けさせた上に騒音公害、違法投棄による環境破壊も招いているわけですから、こういう業者には厳しく対処しないといけません。私なら玄関まで査定しに来ていい加減なことを言う業者がいたら引き止めておいて警察呼んで取り締まらせます。

粗大ゴミ、廃品は行政で引き取るシステムがあるのですから、そういう手段を利用するべきです。

投稿: 通りすがり | 2011年4月 6日 (水曜日) 午後 12時11分

NYからの使者さん、こんにちは。

そうかもしれませんね~
そこまで、考えなかったですけど、
手間がかかる仕事なんですね、きっと。
そして、それぞれ、事情があるのでしょうね。
教えていただき、ありがとうございました。

投稿: まゆ | 2011年1月22日 (土曜日) 午後 10時40分

その値段なら手間賃、作業時間を考慮すれば十分納得の行く値段だと思いますよ。

逆に回収屋側の経費や人件費まで考慮するなら良心的だと言えます。

投稿: NYからの使者 | 2011年1月20日 (木曜日) 午前 01時55分

カズさん、こんにちは。

まぁ、このようにいって頂き、
うふっ…なんだか、とても光栄で嬉しいです。
ありがとうございます。

でも、カズさんも、とてもさわやかな方ですね。
こちらこそ、驚きました(笑)
これからも、どぞどぞ、
よろしくお願いいたします。 <(_ _)>

投稿: まゆ | 2010年7月19日 (月曜日) 午後 04時40分

こんばんわ。
凄い反論が来ると思いきや、
素直に聞き入れて頂けた事にビックリです。
と言うか人として尊敬しちゃいました!
そうですよね。人対人ですもんね。
仮に、いくら安くても、たとえ無料だとしても
確かにその人自体が気に入らなければ頼みませんよね。
僕も凄く勉強になりました。
いきなりのコメントで、
しかも大変失礼な発言をしてしまった事、
深く御詫び申し上げます。
これを機にちょくちょく覗かせた頂きますので
今後とも宜しく御願いしま~す(笑)

投稿: カズ | 2010年7月18日 (日曜日) 午後 10時53分

カズさん、こんにちは。

ふふ、確かにケチですね~
自分でもそう思います。
「差額数百円でぐずられたんじゃたまりませんね」
私も、業者さんなら、きっとそう思うと思います。

そして、この方は、良心的な方なんですね、
そうか、そういう見方しませんでした。
気づかせていただき、ありがとうございます。
でも、もう少し感じがよくて
(かなり乱暴な感じだったので)
交渉上手だったら、頼んだかもしれません。

投稿: まゆ | 2010年7月18日 (日曜日) 午後 06時15分

確かに、おじさんと二人組みは要注意ですが
その方は、かなり良心的な業者さんだと思います。
その、ゴミの中のゴミを
無料で持って行ってもらおうなんて
考えいる腹黒さは、まさに
「失礼だな!」では無く「ケチだな!」ですね。
そこにきて差額は、たった数百円。
取に来て処分してもらえるんですから当然です。
私はケチですとブログで公表しているのでウケた!
燃料使って手間かけて時間使って来てくれるのに、
差額数百円でぐずられたんじゃたまりませんね・・・


投稿: カズ | 2010年7月18日 (日曜日) 午後 04時46分

ういんさん、こんにちは。

こんな人ばかりではないと思いますが、やっぱり、
彼らも商売ですから、なにかしらの交渉はあると思います。
だから、女性一人、気の弱い方、交渉が得意でない方には、
おすすめできないと思います。
気をつけるにこしたことはないですね。

投稿: まゆ | 2010年5月11日 (火曜日) 午後 12時02分

実際に廃品回収の車に声をかけようかか迷って検索していたので、とても参考になりました。
まさに助かりました。

結局竿竹屋と同じで断りきれない人から金ふんだくる商売すね。

投稿: ういん | 2010年5月 1日 (土曜日) 午後 04時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■町を走っている「廃品回収車」に声をかけてみた | トップページ | ■思い切って「高いもの」にしてみた…失敗は許されない »