« ■自分の粗相を叱る…でも後の祭りだね | トップページ | ■ 「廃品回収業者」の実態…学びました。 »

2009年5月25日 (月曜日)

■町を走っている「廃品回収車」に声をかけてみた

先日、冬物と夏物を入れ替えをしました。
手間がかかりできればしたくない家事のいちばんですけど、
クロゼットを快適に使うためには、やるしかないと思い、
ついでに、物置場所も整理しちゃうぞと張り切り、
やや大がかりに整理を敢行しました。
今日は、そんな片づけ物を処分しようとして、
「廃品回収車」にお願いしようとしたお話です。



それは、先日のことだった。
処分品がでたので、新宿区の粗大ゴミに出そうと
思っていたら、ちょうど散歩中に、
よく町中を車でゆっくりと走っていて




「何でも~
 回収いたします~
 どこにでも、
 引き取りに参ります~
 お気軽に~
 お申し付けください~」




と、叫んでいるあの
「廃品回収車(家電回収車のときもある)」
がいたのだ。

そこで、これはちょうどいい、
ちょっとどんな回収をするのか、
尋ねてみようと思い、小型トラックに近づき、
中にいたやせ形で少し無愛想な小柄な男性
(40歳くらいかな)にこう声をかけた。
だって、お気軽に、って言っているしね。




「あのね、
 木のこぶりなテーブルと、
 まだ使える空気清浄機と、
 健康器具のステッパーと
 処分したいのだけど、
 お金かかるの?」




すると、男性がすぐに車から降りてきて、
こう答えた。




「えっと、お金がかかるかどうかは、
 それを見てみないとわからないですね~ 
 ちょっと見せてください。
 どちらですか?
 このあたりですか?」
「ええ、そうです、
 すぐそこのマンションです。
 じゃ、見てもらおうかな」




男性の風貌とちまたの評判から
(よく高い回収費を取られたなんて聞くから)
警戒はしたが、いくらと言われるのか、
区の粗大ゴミ回収より、高いのか安いのか
確認してみようとも思い、
思い切って処分品を見てもらうことにした。
そして、マンションの駐車場を説明し、
こちらに車を回してもらうことにした。

男性は、駐車場に小型トラックを止めて、
荷物を運ぶための荷台をもって
愛想良くわが家までやってきた。
そこで、玄関先で処分品をみてもらった。
ほら、これらだ。
(真ん中のテーブルは、友人の娘ちーちゃんが
 
「深く傷をつけたテーブル」








そして、こう聞いた。




「お金、かかるの?」
「空気清浄機は、9年前ので、
 古いから売れないのでお金かかりますね」
「いくらくらい?」
「3つ合わせて、1000円かな」




私は、空気清浄機はお金がかかるといったけど、
結局、テーブルもステッパーも
お金がかかるのね、と思い、こう確認すると、




「結局、全部にお金がかかるのね?」
「今時はね、なんでも処分するのに、
 お金がかかるんですよ」




との答えだった。
それを聞いて、やっぱりねと思い、
勇気を出して断ることにした。




「あら、そう…
 1000円なら、区の方に出すわ。
 そちらの方が安いから」




すると男性は、顔色を変えた。
あらら、まずいね…

この続きは明日書きますね。


■「今日も読んだよん」の印にポチッと、
押して↓いって頂けると嬉しいなぁ…よろしくです。

Banner2
■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/
■まゆがおすすめするエンジュル(天使)オラクルカードです。

元気や自信をなくしているとき、いらいらしたり、
自己嫌悪におちいっているとき、迷っているとき、
前に進む勇気をもらいたいときにおすすめのカードたちです。

朝か夜、心を込めて、毎日1枚引いてみてください。
私は毎日夜引いて力をもらっています。とてもありがたいカードです。
きっとあなたに今、必要な行動をうながすことばや、必要なことばを
かけてくれます。そして、静かに力づけてくれます。
天使や妖精があなたを見守ってくれる、本当におすすめのカードです。



■《お願い》
★みなさまのサイト、ブログに「ぼちぼち日記」をリンクして頂けませんでしょうか? 
 アドレスは→ http://kotobasagashi.way-nifty.com/
★また、ご連絡頂ければ、「ことば探し」本サイトでリンクさせて頂きます。
 (ただし、サイトの主旨と違う場合にはお断りさせて頂く場合もあります)
  どうぞ、よろしくお願いいたします。 <(_ _)>
こんな感じの紹介になります→「リンク集」

|
|

« ■自分の粗相を叱る…でも後の祭りだね | トップページ | ■ 「廃品回収業者」の実態…学びました。 »

直撃体験、楽しい体験」カテゴリの記事

コメント

海外に送ってたり、再利用してりゃ良いけど
金にならなきゃその辺に捨ててそうだし、使わんほうが良いだろ

投稿: | 2015年12月24日 (木曜日) 午後 02時56分

若い姉ちゃんの声で安心させておいて、ぶっきらぼうな親父がでてきて、最後までいくらかは言わない。ダフ屋と同じで、現物を確認させる手間を踏ませることにより、断りにくい雰囲気を醸し出す方法をとります。行政よりも絶対高い(だからやってるんでしょうけど)、絶対に声をかけてはいけないと思った。さお竹も同じ、ホームセンターとかの方が全然安いし。怖いです。

投稿: 太郎 | 2014年8月 2日 (土曜日) 午後 05時49分

エコペンさん、こんにちは。

廃品回収車、この辺りには頻繁に出没します。
だから、興味もあったんだけど、やっぱり少しコワイですね。

そして、このわが家の処分品を、区の粗大ゴミ引き取りに電話して、
引き取り日までマンションの粗大ゴミ置き場(外にある)に
置いていたら、いつの間にかなくなっていました。
誰かが、持って行ったようです。
(まだ使えるものではありましたが…)
私は、廃品回収車が持っていったと思ってます。
どうなんでしょう。

投稿: まゆ | 2009年6月 6日 (土曜日) 午後 01時35分

まゆさん、こんにちは。
廃品回収車ですかぁ。。。いい話は聞いたことがないですねぇ。。。竿だけ売りの話しで高い竿を買わされたとか、あんたが呼び止めたのだからと逆ギレされた話しとか、回ってる人によるのかもしれませんが。。。
町の粗大ゴミはエアコンやテレビ・冷蔵庫などは別として、やはり生活に密着していると言うか、庶民のための行政だなぁと感じること多々あります。私もようやくゴミ出しのルールが解ってきて溜めていたゴミが減りつつあります。引っ越し前は衣類も刻んで出していたのだけど、ここは衣類はまとめて出せばいいみたいでほっとしています(^^)。
廃品回収車の続き、怖いけど、聞きたいです。。。(^_^;)

投稿: エコペン | 2009年5月27日 (水曜日) 午前 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ■自分の粗相を叱る…でも後の祭りだね | トップページ | ■ 「廃品回収業者」の実態…学びました。 »