« ◆防災訓練に、参加してみたぞ | トップページ | ◆斎藤ひとりさんの神社に行って来た。 »

2006年9月 5日 (火曜日)

◆「放火」って本当に多いのか?

さて、私は気になっていた「放火」について
消防署員に、聞いてみることにした。
だって、どこの掲示板にも、
「連続放火多発!!注意」などと貼ってあるんだもん。
このタイミングを逃せない。


訓練が終わった後、さっそく、
消防署員に聞いてみた。
 


「あのね、この頃、掲示板に放火が多いって
 よく貼っているんですけど、本当に多いんですか?」

「ええ、本当に多いんですよ。つい最近も
 この近辺で、バイク一台がそっくり燃えたんですよ。」
「えっ…バイクですか?バイクなんて燃えるんだ…」
「ええ、バイクにビニールシートがよくかかっているでしょう、
 あれに火をつけるんですよ。すると、それがバイクの
 部品に燃え広がって、ガソリンに火がつくと
 もうあっという間に燃えてしまいます。
 先日のも、そうだったですね…」


ひぇ~
ビニールシートは危ないらしい。
そして、さらに、
こんなことを教えてくれたのだ。


「それに、毎日ではないですが、
 1日に固まった場所で、立て続けに、
 3~4カ所のボヤ騒ぎがあることがあるんです。
 大きな火事にはなってないですが、
 朝起きてみると、思いもかけないところに
 焼け跡があった…なんてこともあるんです。
 ニオイに住人が気が付いて消したなんてことも。
 放火は…多いんですよ、本当に。」


ひぇ~~、
そんなにボヤ騒ぎがあるなんて…
そんなに放火が頻発しているなんて…
知らなかった…


「で、犯人は捕まっているんですか?」
「いいえ、放火犯は…捕まりづらいんですよ。
 捕まっていません。聞いてないですね。」
「なんで、火をつけたりするんでしょうね?」
「面白がってやる人たちもいるんですが、
 確信犯的にやる人もいて…いろいろですね。
 むしゃくしゃするとやる、なんてのもあったし。
 掲示板に火をつけるやつもいるんですよ。」

「掲示板にもですか…」
「何件かあるんですよ。掲示板が燃えたって。
 それから、100円ショップで買ってきたスダレに
 火をつけられたり、置きっぱなしのゴミ、
 家の前に置いてある燃えるような置物などに、
 火をつけられたり…
 できれば、燃えるようなものは、
 家の前におかないようにした方がいいですね。」


消防署員は、そう説明してくれた。
実は、私は、この近辺を歩いていて、
気になっていたことがあったのだ。


この近所には、こんなふうに、
置きっぱなしのゴミや、無造作に捨てられているゴミが、
とっても多い。
この掲示板にも「放火」の話は貼ってある。

95gomi


また、枯れ葉を集めて、
こんなところに置いてある家、

95houka1


木材を無造作に出している家など、

95houka2


とても、気になっていたのだ。
こんなお宅が結構あるのだ。


そこで、この話を消防署員にすると、
「放火の怖さを知らないと、そういうことには、
 とても無頓着なんですよ。
 自分の家は大丈夫と思っているんです。
 この辺りは家が密集していて、道幅が狭いから、
 実は、火事になったら大変なことに
 なる地区なんですよ。そうですか…」
「ええ、何軒もありますよ」

「ただ、消防署にはそれを注意したりする権限が
 ないんですよ。注意を促すことは出来ても…
 だから、町内会会長さんとかに話しておいて
 もらったほうが、本当はいいですね。」


どうやら…
消防署に、それを撤去させたり、
注意をする権限はなく、
それらは、警察か、
町内会の役目ということであった。


「この辺りは、年間で平均100件くらいの大きな火事が
 ありますが、放火によると思われるようなものも、
 結構あって…本当に気をつけてほしいんですけどね」

消防署員は、そう言った。
私は、「放火」の実態を知れたので、
とても満足して、お礼を言って
その場を離れようとすると…
消防署員が、こう声をかけてきた。


「どの辺りですか?」
「えっと、多いのが○○地区辺りです」
「じゃ、町内会長さんに話しておきます」


ということで、消防署員さんが
話してくれることになった。
話したからと言って、気をつけてくれるかどうかは
わからないけど、注意喚起は大事である。

私は「よろしくお願いします」
と言って帰ってきた。


そんなわけで、影響されやすい私は、
すっかり防災意識に目覚めてしまって、
最近、ウォーキングをしながら、
ありゃりゃ、これはまずいね、だの、
しまっておいてくれよぉ、だの、
何とかしてくれよぉ、
などと、勝手にぶつぶつ言って歩いている。


さて、歯痛のことだが、
家に帰り、鏡をみると、かなりはれている。
右のほっぺがものすごく盛り上がっていて、
そのおかげでシワがなくなっていた。
ほほぅ、顔がぷっくりするのも悪くない…
などと妙なことを思ったりしたが、
痛いのはなんといっても辛い。

月曜日に、勇気をだして、ちゃんと歯医者に行き、
歯の神経をとってもらい、痛みはおさまった。
やれやれである。
歯痛、辛いし、歯医者怖い!
しみじみ、そう思ったのでした。


■「ことば探し」に戻る→ http://www.kotobasagashi.net/

■コメントを書き込む場合は下の↓「コメント」をクリックしてくださいね。

|
|

« ◆防災訓練に、参加してみたぞ | トップページ | ◆斎藤ひとりさんの神社に行って来た。 »

ぼちぼちな日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆防災訓練に、参加してみたぞ | トップページ | ◆斎藤ひとりさんの神社に行って来た。 »